転職

転職でUターン・Iターン就職を成功させるポイントここれだ!!

Uターン就職を探しさまよう人々

Uターン就職は効率的な転職活動ができる計画が必要です

就職・転職の厳しさは大都市だけではありません。地方においても状況はほとんど変わりません。

ただしUターン・Iターンとなると、情報収集はかなり積極的に行動しなければなりませんし、面接などで何度もいまの会社を休んで現地に足を運ばな付ればならなくなります。

また、最終的には引っ越しが伴いますから、転居の準備や手続き、また就学児童を扶養している人の場合は転校の手続きなども計團のなかに入れておきます。

まずはどういう行動をいつ頃行うかなど大まかな目標を立て、無駄なく効率的に活動できる計画を立てておきます。

また、同時にマネープランも立てておきましょう。現地に行くたびに交通費や宿泊代などが必要となりますし、転職にかかる費用が家計を逼迫しかねないからです。

Uターンには家族の同意と協力は不可欠です

転職をするのに家族の同意が必要なのは当然ですが、Uターン・Iターンではなおのことです。

単身赴任ならともかく、家族とともに転居となると、地方によっては文化や生活習慣が異なりますから、あなただけでなく家族全員にも大きな問題となるからです。

転職先が決まれば、家探しから転居の手続き、転校の手続ぎ、さらに引っ越しと家族も何かと大変になるでしょう

さらに、これから転職活動をするにあたって、家族の協力こそ何ものにも代え難い精神的な支えとなるものです。

何事も家族に相談しながら進めて、支援されながら面接に挑めば非常に心強いものです。

ターン先に親兄弟や親戚がいる場合は、今後何かとお世話になるでしょうから、そちらとのコミュニケーションも密にとっておいた方がよいでしょう。




ターン先のその土地の産業構造を研究しよう

特に大都市から地方ヘターンをしようとしている人は、求人情報の量の少なさや流れの遅さなどにとまどうかもしれません。大都市で働くのと同じ気持ちで転職を考えていてもなかなか希望職種に出会えません。

その都市ではどういう産業が中心となっているのか、いま伸びている企業はどこか、地場産業ではどういう企業が何を行っているのか、ベンチャー企業ではどういう企業があるか、大手企業の支社・工場・研究所はないかなどを研究した上で自分のキャリアが活かせる企業・興味のある企業を探すようにしてください。

Uターン・Iターンでの情報収集の方法については下記で説明します。

できるだけ多くのターン先の情報収集をするには

東京などからその地域の求人情報を収集するにはどうしたらよいのでしょうか。

地元版の求人情報誌や人材紹介会社、ハローワークなど、求人情報の媒体は様々ありますが、確実なのは地方新聞や大手全国紙の地方版の求人広告です。

販売所を通じて購読の申し込みをすれば取り寄せてもらえるはずです。

新聞なら求人情報だけでなくその土地の情報も知ることができます。もちろんインターネットも大きな味方です。大手のサイトですと地方の求人情報も扱っています。

自治体のUターン窓口を利用する

どこの自治体も窓口を東京に設置していますから、東京及びその周辺にお住まいの方は一度足を運んでみてはいかがでしょう。

たいていは各自治体で就職相談窓口を設置していて、すぐに見つからなくとも登録しておけば、情報を提供してもらえるようになっていますし、専任の相談員にアドバイスをしてもらえます。

また、自治体主催のUターンフェアも随時開催されています。

直接求人企業と接触することができますから大きなチャンスです。フェアの情報は各自治体及び転職情報誌で随時知らされます。

あわせて読みたい
ターン就職にはハローワークを
ターン転職の具体的な就職活動はここをおさえよう!!ターン就職時の資料請求は自己PRを兼ねて さて、応募する企業が決まったら、すぐに活動です。 企業内容を調べるために資料請求をする...