転職

面接の極意!「受ける」ではなく「交渉」するつもりで臨もう!

面接について激論を交わし合う人事部社員

面接の自己PRは「雇っていただく」ためだけでない

面接の場では、緊張のあまりか一問一答の紋切り型で終わってしまう人が多いのですが、これは非常に惜しい話です。そつなく、くぐり抜けてホツとしている人に採用側は魅力を感じるでしょうか?。

採用側からの質問に一生懸命答えだからあとは判定を待つだけだと言っている人にはたいていあまりよい結果は出ていません。

中途採用面接で企業はあなたの何を見ようとするのかを教えます!」でも述べましたが、これから企業が社員に求めるのは、経験やスキルだけでなく、「正社員」としての資質です。

つまり、得意分野を持つスペシャリスト的要素はもちろん、会社を創り上げていく原動力、企画力、経営感覚、積極性やコミュニケーション能力も重要となるのです。

面接とはどういう場なのか、よく考えてみましょう。

買い手市場の昨今では、採用側の質問に応募者はどんどん答える。主導権はあくまでも採用側。

これは雇用関係上、当然のことかもしれませんが、あまりにも「雇っていただく」ことに重心をおきすぎて、大切なことを忘れているのではないかと思わせる応募者が多いのです。

 

労働者という立場を大切に

中途採用というのは応募期間が短いために、なかなか企業研究を十分にすることはできません。

しかも、採用されたら、新卒のように研修が受けられることはまれで、即仕事が与えられます。

入ったばかりだから分からなくても仕方がないというような生やさしい職場は今どきないでしょう。まずはお手並み拝見となるはずです。

そういうわけですから、面接の場では受け身でいるばかりでなく、企業研究できなかった分、積極的に質問をするべきです。

採用側も大いにそういう質問は歓迎するはずです。どんな配属先でどういう仕事をすることになるのか、どんなコンピュータを使っているのか、仕事の進め方(ペース)はどうなっているのかなど具体的にです。

そうすれば、自分にはこういう経験や技能があるが、それならこのように活躍したいと具体的なPRもできるでしょう。

自己PRは自分をよく見せるための演出ではなく、自分がその職場でどれだけ活躍できるかを示すものでなければなりません。

しかし、面接の場で具体的な仕事内容を聞いて、全く自分には向かない職種であることが初めて分かるということもあります。また、労働条件として、どうしても交渉すべき点が出てくる場合もあります。

そういう場合は、こちらの言い分を強く主張する言い方ではなく、「交渉」し、「理解をしていただく」姿勢で話しかけるのかよいでしょう。

面接は「受ける」だけではなく、自分の仕事能力を活かすための前向きな「交渉」の場でもあるのです。




面接に知事がもし都合が悪くなったら

もし面接に指定された日が都合が悪くなった場合、どうすべきか非常に迷うものです。

もちろん、日程を変更してくれる企業もありますから、どうしても日程変更をお願いせざるを得ないなら、その理由を説明して、こちらの都合で日程変更をお願いすることの勝手をお詫びしたうえで、変更していただけるかどうかを聞いてみましょう。

現職で会社員であるからには、責任上どうしても出席しなければならない会議があったりします。

まだ辞めていない以上はその責任を果たすのが筋です。そういったこちらの事情を説明すれば、変更してもらえることもあります。

また、遠隔地から応募している場合や現職が繁忙期でなかなか調整がつかない場合もあります。

そういう場合は、早めに事情を説明しておき考慮していただけるようにお願いしておいた方がよいでしょう。

ただ、買い手市場のいまでは、「面接日は都合が悪い」という旨を伝えると「それではご辞退ということで」と、あっけなく切られてしまうことがあるのも事実です。

ですから、できれば何を差しおいても面接だけは受けられるようにしていただきたい。

特に昨今のように就職難の時代には、書類選考から面接にまでこぎ着けるのも大変な時代です。せっかくのチャンスを棒に振るのはできるだけ避けていただきたいのです。

事例:面接の日時変更のお願い

応募者
「わたくし、山田と申します。恐れ入りますが、人事部人事課の高橋様をお願いします」

応募者
「わたくし、4月15日に面接試験を受けさせていただくことになっております山田と申します。お忙しいところ恐縮です」

人事担当者
「はい、山田さんですね」

応募者
「はい、実は面接の当日にどうしても出席しなければならない会合ができてしまいまして、お約束の15日午後3時には伺うことができなくなってしまいました。当日は早退して面接を受けさせていただくつもりでいたのですが、責任上、この会合はどうしても抜けるわけにはいかないのです。それで、無理を申し上げまして大変恐縮ですが、面接の日時を別の日に変更していただけませんでしょうか」

  • 理由はわかりやすく
  • 低姿勢でお願いする

人事担当者
「ちょっと待ってくださいね。えっと、ではその週の土曜日、19日の午後3時はどうですか」

応募者
「9日の午後3時ですね。はい、大丈夫です、この日には間違いなく伺わせていただきます。場所は御社の5階の会議室ですね」

  • 復唱して確認する
  • 場所も変更がないか確認しておく

人事担当者
「そうです」

応募者
「承知いたしました。勝手なお願いをお聞きくださいましてありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。では失礼いたします」

  • 丁寧にお礼を述べる
  • 先方が電話を切るのを確認してから受話器を置く