転職

ネット求人の問い合わせをする時に絶対に注意したいこととは?

メールで求人募集に応募するOL

電子メールで問い合わせをするときの注意事項

採用側への問い合わせをするとき、電話と電子メールではどちらがよいでしょうという質問を受けることがあります。

これは、「採用に有利か」という問題ではなく、効率性を考えたら、電子メールをお勧めするしかないでしょう。

なぜなら、在職中の応募者の場合、会社から堂々と電話をかけるわけにはいきませんから、やむを得ず携帯電話を使用する人が多いのですが、雑音が入ったりすると受け取った側は余りよい印象は受けません。

 

また、担当者が不在の場合は何度もかけ直す必要がありますし、逆に返答の電話を掛けてもらう場合も、携帯電話では受信できないときもありますし、自宅の留守番電話にメッセージを入れてもらった場合でも、再度こちらから返答を入れなければならないなど、一回で済む用事に何度も手間をかけなければならないこともあるのです。

このようなことを考えれば、電子メールは双方に都合のいい時間にやりとけができ、「受信トレイ」に保存されるので間違いも生じません。

応募者の方も電話のマナー云々といったことに気遣う心配もなく、時間も場所も選ばないということからも、電子メールは強い味方となってくれるでしょう。




電子メールのマナーを確認しておこう

ただし、電子メールを送るにはマナーがあります。

マナーといっても堅苦しい面倒なものではありませんが、常識として知っておくべき点をあげておきましょう。

すでに公私ともに電子メールを使用している人は多いでしょうから先刻承知とは思いますが、念のために。

電子メールでは、ビジネス文書や手紙のような決まったフォームもなければ、慣用句も必要ありません。

たとえば、「拝啓」「敬具」とか、「早春の候 貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます」等の挨拶文です。これらの儀礼的な文言はいっさい不要です。

簡潔であること、用件のみで済ませることがマナーなのです。ただし先方は応募先であるということを忘れず、敬語まで省略してしまわないように注意してください。

もう一つ注意すべきなのは、特殊フォントや半角カナを使ってはいけないということです。

機種によっては文字化けしてしまうことがあるからです。カタカナを入力する場合は必ず全角で入力します。

あとは誤字に気を付けることと、会社から送信しないことです。

会社の回線を私物化しているのは受け取った側もあなたをいい評価しないでしょうし、返信があなたの会社のパソコンに送られて来た場合、いくら辞める会社とはいえ、モラルの問題としてあなたは今の会社でどう見られるかということです。

インターネットで履歴書を送信して応募する際の注意事項

履歴書や職務経歴書をメールで送信するように指定する企業は、現在のところは多くはありません。

しかし、ホームページの採用情報のところで募集要領と同時に自社指定の履歴書を用意していて、それに入力して送信するようにと指示する企業は増えてきています。

この場合の履歴書は、転職情報サイトから直接応募するときの応募書類とほぼ記載内容は同じであると考えてよいでしょう。

どちらにせよ、記載する内容は市販の履歴書や職務経歴書を作成するときと同じです。むしろ、手書きの場合は書き損じたら別の用紙に書き直さなければなりませんが、電子メールなら間違えたところだけ打ち直せばよいのですからそのぶん楽かもしれません。

記載する場合は、フリガナやマンション名などは全角のカタカナで、生年月日や郵便番号などの数字は半角で記入します。

なお、入力に時間がかかると、タイムアウトで接続中断してしまう場合があります。

そういう場合は、ページを表示したままダイアルを切断し、入力後に再度接続して送信ボタンをクリックすれば送信できます。