転職

簡単便利今の時代ははネットで転職!情報収集も応募も問い合わせも24時間いつでもOK

インターネットで転職活動!!

ネットで転職活動は忙しい人・在職中の人には絶対お勧め!

たいていのプロバイダーのホームページには、種々のコンテンツのなかに「就職・転職」があります。

それをクリックすれば、就職情報誌出版社あるいは人材紹介会社の転職情報サイトにアクセスすることができます。あるいは日経、朝日、読売のようなデイリー新聞の新聞社のホームページからも求人情報を見ることができます。

また、「転職」で検索すれば、転職関連企業や団体の転職情報サイトが瞬時に表れますから、それらからも求人情報を見ることができますし、関連コラムや相談、アドバイスなど役立つ情報も得られます。

また、企業によっては自社のホームページに採用情報を公開しているところもありますから、特に希望する会社があれば直接アクセスしてみるのもよいでしょう。

このように、インターネットを利用すれば、様々な方法で求人情報を調べることができます。

しかも、時間と場所を選びませんから、自分の都合の良いときに、例えば深夜でも日曜祝祭日でも、情報収集することができますし、興味がある情報があれば、すぐにそのまま資料請求、あるいは応募することもできるところもあります。

新聞や雑誌なら、掲載日や発行日が決まっていますが、インターネットなら24時間いつでも最新情報を得ることができるのです。




転職の情報収集も採用側との連絡もネットが便利

すでに新卒学生の就職活動は、企業研究、資料請求、採用側との連絡、なかには履歴書の送付もインターネットで行うのが主流となりつつあります。

これは通信手段が郵便や電話からネットへと移行していく時期であると同時に、企業にとっても採用に関わる時間的、人的コストの削減に非常に都合がよいからです。

中途採用についても同じことがいえます。

ただし、中途採用は定期的ではないうえに募集期間が短いため、求職者がネット上で企業訪問してもなかなか自分が希望する企業でタイムリーに募集広告を見つけだすのは難しいのですが、前述の転職情報サイトを利用すれば、新聞や情報誌だけに頼る方法よりははるかに情報量は多く、効率的な活動を展開することができるのです。

 

転職情報サイトによっては、求人情報だけでなく適職診断や登録制などのサポート体制が充実しているところもあります。

転職の成功のカギは情報収集力にもあります。新聞や情報誌だけでは限りがありますから、こういったネット上での活動もどんどん進めることをお勧めします。

ネット上は転職情報もサービスも満載

転職情報関連のサイトは増加の一途にありますが、それぞれの内容を見ても、国際的ネットのサイト、新聞社あるいは転職情報誌が母体の総合情報のサイト、エンジニアやスペシャリスト向けのサイト、外資系企業の求人が多いサイト、民間の人材紹介会社のサイトといったようにそれぞれに特徴がありバリエーションに富んでいます。

さらにそれらは、次のようなサービスもさまざまです。

  • 興味のある企業にはそこから資料請求ができる
  • 興味のある企業の名前のところをクリックするとその企業のホームページにアクセスできて企業研究ができる
  • 履歴書のフォーマットがあってそこに自分の情報を入力すれば希望する企業にそのまま応募できる、
  • 人材紹介会社の場合気に入った企業が見つからなくても登録しておけば希望条件に合う企業があれば紹介してくれる

また、転職に有利な資格取得のための専門学校や通信講座の紹介をしてくれるところ、相談コーナーを設けているところ、適職診断をしてくれるところもあります。

ネット上では情報もサービスも満載ですが、それをどのように利用するかはあなた次第です。