転職

ライバルの差をつける職務経歴書の書き方

職務経歴書

職務経歴書にはあなたのプレゼン能力が表れます

中途採用の場合は新卒者の採用と違って、どういう職歴の持ち主か、どういう経験や実績のある人か、仕事にはどういう姿勢で取り組む人かが採用の判定に大きく影響します。

ところがこれらは履歴書だけでは具体的に表し切れません。ですから、職務経歴書には職歴として、どこの会社でどういう部署でおもにどういう職務に携わっていたかを記載することになります。

職務経歴書は、たいていどの企業も書式は自由としています。

「職務経歴書入りの履歴書」として市販されているものもありますが、ここは是非とも市販品ではなく、あなた自身のオリジナルで熱意溢れる職務経歴書を作成していただきたいものです。

書類を作成するのは苦手だとか面倒だという人がいますが、応募書類が集まった人事部のデスクを想像してみてください。

市販品に形だけ書いたものとワープロやパソコンを使って整然としかも充実したものを見比べたとき、どちらに軍配を揚げたくなるでしょう。

職務経歴書には応募者のプレゼン能力も表れるのです。

なお、会社によっては職務経歴書の提出を募集時に掲げていないところもありますが、職務経歴書は求められなくても提出するのが当然と思ったほうがよいでしょう。




評価が高い職務経歴書を作成するポイント

よく転職雑誌やマニュアル本などには、職務経歴書の書き方とか作成例が掲載されていますが、必ずしもその通りにする必要はありません。

職務経歴は人それぞれ違うのですから、千差万別の記載方法があっていいのです。

経歴の浅い人、経歴は長いが仕事内容に変化がない人、さまざまな職種の経験がある人、転職経験がある人など、経験や実績は皆異なっているのですから、形式にとらわれず、それぞれが自分の経歴を最大限にピーアールできる方法を考えるべきです。

そのためにはまず、これまでの仕事の内容を具体的に分析して、それをどのように取り組んできたかを文に表してみます。

次に、具体的に何を経験しそこから何を習得したか、また、これからはそれをどのように生かしていきたいかを書きます。

これらは何も難しい言葉を使わなくともいいのです。具体的に自分の言葉で、自分の意思をしっかり伝えることができれば、あなたの仕事への姿勢や熱意が伝わるはずです。

 

ただし、ここで是非とも気を付けていただきたいのは、どの会社にも同じ内容のものを作るのではなく、応募する会社の募集職種に照準を合わせて作成するということです。

たとえば、同じ金融機関でも都市銀行と地銀、信用金庫ではそれぞれ営業内容は異なりますし、更に募集している部署によっても、窓口、システム部門、広報室などによって、求められる技能は全く異なるからです。

ですから、「私はこういうキャリアがあって、こういう仕事をしてきました」だけはなく、「御社のこういう部門ならこういう仕事ができます。あるいはこのように仕事をしたい」といった明確な意思表示が必要なのです。

 

企業は即戦力を求めているのです。特に今のようにどの業界も経営が厳しい状況では、採用も絞り込んでいます。

どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。つまり、ゼネラリストよりスペシャリストが求められているのです。

では、職務経歴書を作成するときのポイントをあげておきましょう。

  1. 箇条書きにまとめる。
  2. 職務内容だけでなく、努力したこと、改善したこと、習得したこと、認められたことなども記載する。
  3. 実績は数字などを上げて具体的に。
  4. 参加したプロジェクト、企画などは、内容だけでなく手がけたこと、学んだことなども記載する。
  5. 能力、技術、資格、役職、セミナー参加の経験、表彰の経験なども具体的に記載する。
  6. 提示できる作品(設計図、企画書、雑誌・書籍、ポスター、CDなど)があれば同封する。

なお、手書きよりもワープロやパソコンで作成した方が、整然ときれいに仕上がるのはいうまでもありません。

また、使用しているパソコンの機種と使えるソフトも記載した方がいいでしょう。