転職

募集条件に合わないが求人応募する際には条件の意味を知ることが大切です

条件外では熱意だけでは採用されないません

せっかく自分の希望を満たす会社が見つかっても、募集条件に自分が合わないことがあります。

そういう場合は、なぜその会社がそういう条件を挙げているのか、条件をすべて満たさなくても応募してよいのか、まずは採用担当者に電話で問い合わせてみるとよいでしょう。

意外とすんなり「応募書類を送ってください」と言われることもあります。

募集条件については、会社によって捉え方はかなり異なります。

最低限これだけの条件は満たしていなければならないとしているところもあれば、だいたいの目安程度としているところもあります。

企業はとにかくよい人材を求めているのです。もし、条件外でも見込みありそうな人材がいれば採用することも往々にあります。

 

ただし、明らかに募集条件から外れていて、しかもとくに「売り」になるものがないにも関わらず強引に応募したところで、書類審査に受かる可能性は低いものです。

買い手市場の転職状況では、募集条件は殺到する応募者をふるい落とすためにあるともいえます。

ではここでそれぞれの募集条件について、合わなかったときにどうするか考えてみましょう。




募集条件外:経験年数が満たない

経験年数を条件にあげるのは、要するに未経験者はダメという意味です。

なぜならどこを見ても経験年数3年以上というのが圧倒的に多いものです。

1年程度では経験者とはいえないが、最低3年の経験があれば基礎は習得していて、多少トレーニングすればすぐに戦力となるレベルであろう、というのが採用側の読みなのです。これは、あくまでも一般的に、です。

 

たとえば、「店舗開発の経験が3年以上」となっていても、それに対しあなたの経験が2年でも、その2年間にどういう実績があるか、密度の濃い2年であったという自信があるなら、まずは応募してみることです。

 

ただしその場合、職務経歴書には実績内容を具体的に記載して、採用側を説得しなければなりません。

逆に、経験年数は条件を十分満たしていても、これといった実績がないとか、向上心の感じられない人は落とされてしまいます。ブランクの長い人も不利になります。

 

経験年数はあくまでも目安であって、採用側はそれ(職種あるいは技能)について実力のある人を求めているのです。

ですから、これまでの作品を同封したり、客観的な評価の裏付けになるものを示すのもよいでしょう。

また、技術に関していえば、経験年数よりも最新技術を習得しているほうが強いということもあります。

募集条件外:年齢条件を超えている

多くの転職希望者の大きな壁となっているのがこの年齢条件です。

とくに、中高年の非自発的離職者が急増しているにもかかわらず、転職に結びつかないのがこの年齢条件に起因しています。

 

年齢条件はたいていどこの会社もあげています。年齢不問というのはまれでしかありません。

 

この条件には会社それぞれに意昧がありますからそれを無視するわけにはいきません。
まずは、社員とのバランスです。

たとえば、平均年齢が26歳の職場に35歳の人を新人として入れても気まずくなってしまうかもしれません。ましてや課長よりも年上であるとお互いにやりにくいものです。

 

次に給料の問題です。いまの日本の企業の給料体系はほとんどが年齢給プラス能力給となっていますから、年齢の高い人には新人であっても、その会社の給料システムに基づいて高い給料を支払うことになります。

もちろん年齢に応じた実力がある人なら、あるいはそれ以上の実績を会社にもたらすことができる人なら、会社も喜んで採用するでしょうが、一般的な転職の採用試験でそういった人材の発掘ができるかというとリスクのほうが高いのです。

 

転職は35歳定年説といわれています。中高年には非常に厳しいのですが、現実にそのような企業がほとんどです。

採用側も新人として受け入れるには、最長でも35歳から38歳までが限度ということです。

それ以上となると、幹部要員あるいは幹部候補となります。実際に求人広告を見ても、年齢条件を40歳とか45歳にしているところは、幹部候補とか支店長クラスとして募集しているところがほとんどです。

そうなると仕事の実績や経験はもちろん、管理者としての能力も必要となってきます。つまり、35歳を過ぎて、異業種・異業界への転職はかなり難しいということになります。

 

これらのことを把握した上で、もしあなたが年齢条件を超えているところへ応募したいなら、まずは採用側へ問い合わせることです。

年齢条件には厳しくラインを引いているところもあれば、実力次第で採用するところもあるからです。ですから、年齢だけで望みを失うことはありません。

 

なお、時々年齢を偽って応募する人がいますが、これだけはやめてください。

晴れて採用されて入社手続きを行うということになったとき、社会保険等の手続きで本当の年齢がすぐに分かってしまいます。虚偽の報告で採用取り消しにならないとも隕らないからです。