転職

転職成功の第一歩は円満退職から!社員が「辞める」ことは会社には損失ということを認識しておこう

退職はなぜ「円満」でなければならないか

退職の意を会社に表明するのは、転職先が決まってからにする人がほとんどです。

仕事をしながら転職活動を進めるのはきつい面もありますが、経済的に有利だからです。

もちろん、退職して雇用保険の失業給付を受けながら職探しをするのも構いませんが、なかなか次の会社が決まらないと失業期間が長くなり、経済的余裕がなくなってくると転職活動にも影響が出てくることも考えられます。

 

どちらにするかはその人の退職の理由にもよりますが、いずれにせよ転職の第一の関門「いまの会社を退職する」をうまくくぐり抜けなければなりません。

どうせ辞めるのだからどうだっていいじゃないかと思ってはダメです。特にいつ上司に切り出すか、どこでどうやって話すかなど、慎重にするべきです。

いつを退職日にしたいか、それまでに残務処理や仕事の引き継ぎにどれくらいかかるかを逆算して、上司に話す日を考えるとよいでしょう。

法的には退職願を提出してその2週間後には退職できるとされていますが、自分の仕事をきちんと整理して次の人に引き継ぐというのが社員としての責任でしょう。自己都合で退職する場合の最低のマナーは守るべきです。

 

「円満」に退職することは非常に重要なのです。

なぜなら、転職先となる会社は、ほぼ内定という段階で、前の会社に問い合わせを行うことがあります。

問い合わせの内容は、勤務態度、勤務成績、人物、退職理由などですが、退職時の態度が悪かったり、ましてやトラブルを起こして辞めたとなると、せっかく内定しかけていたのが水の泡となります。

 

それだけではありません。何かトラブルがあって退職したとなると、悪い噂は業界にはすぐに広がります。

その後うまくどこかの会社に転職できたとしても、同じ業界のなかでは、特に営業などは、うまく仕事が進められない状態になることもあります。

つまり、自分自身の「信用」を自分で傷を付けてしまったことになるのです。それでなくとも、会社を辞めたというと「何かあった」と勘ぐられることは避けられません。

 

よく転職の通知のはがきに「○○を円満に退職し…」とわざわざ記載されているのはそのためなのです。もし、何かのトラブルで退職する場合でも、できるだけきれいに解決して去っていくようにすべきです。




転職活動に入る前に流れを整理しておこう

行き当たりばったりでは初つぱなから頓挫する!

退職の意思が固まったら、すぐに行動開始です。

といっても、じゃあ明日から求人探しだというわけではありません。もちろん、求人探しも並行して行ったほうがよいのですが、転職は「タイミング」です。

 

たとえば転職すること自体のタイミング。年齢的には若いほど有利とはいわれていますが、子供が産まれたばかりとか、就職したばかりの場合にはちょっと考えたほうがよいでしょう。

 

また、いまの会社を退職するタイミング。気持ちが揺らぐといけないから、転職先が決まっていなくても退職宣言してしまおうという人がいますが、この就職難の時期にはちょっと無謀です。

職場での風当たりも悪くなるかもしれません。そして、新しい会社へ入るタイミングなど。

 

まずは頭と心を整理して、大まかでいいですからこれからどのように転職活動を進めていくのかをまとめておくべきです。

仕事をしながらの転職活動は、「見逃し」「無駄足」「スケジュール調整ができない」などでせっかくのチャンスを逃したり苦労することも多いようです。

効率的で賢い行動がとれるように、自分なりの手順を考えておいてください。