転職

退職する前に自己チェックしてみよう!なぜ転職するのか」この意思固めが成功のカギです

すぐに足下を見透かされるのは「何となく辞めたい人」

転職をするにはそれぞれ理由があるはずです。

給料が安い、仕事(職場)が自分に合わない、他にやりたいことがあるというのが自発的離職者の転職理由のベストスリーにあげられるのですが、転職するには、まずそれを「克服する」ことを目標とするべきです。

 

実際に就職活動に入ると、試験に受かることだけで頭のなかがいっぱいになり、特にそれが長期戦になってくると、何のための転職なのかを見失ってしまう人が多いのです。

給料が安くて生活が維持できないなら最低いくらの年収額を確保するかを、現職で自分が活かされていないなら「自分は何をしたいのか」をはっきりさせることです。

何となく今の職場が嫌になった、転職すればたぶんもっとやりがいのある仕事に就けるだろうと思っているタイプ(潜在転職希望者に多い)が、もっとも転職で失敗しやすいのです。

特にこの就職氷河期に、会社を変えれば何とかなるだろうと甘えた考えでいる人には、つらい結果しかきません。

 

自分の意思を明確にして「なぜ転職なのか」「何のための転職なのか」を頭のなかで整理しておくべきです。

そうしないと会社選びでも一貫性がない選び方をし、採用してくれるならどこでもという態度は、面接の際にははっきりとした意思のない人間と見られてしまうからです。




転職で自分を試そうなんて思っていないか?

転職は、これまでの自分のフィールドを変え、新たなフィールドでチャレンジしていくことです。

書類審査や面接などの就職試験はそのための関所ですが、試験に受かったから転職成功とはいえないのです。新しい会社でどこまで頑張れるか、どれだけ会社に貢献できるかこそが勝負となるのです。

 

面接の時にあれだけ大きなことを豪語していた割には、ちっともできないじゃないかなどと、新しい会社で言われてしまったら、バラ色のはずの新しい人生が一転暗闇に突入することになるでしょう。

いまや企業はどこも生き残りをかけてドラスティックな経営を行っていますから、入社一年の人でも役に立たないと判断されればリストラ組です。

 

ですから、転職する前に是非ともまずは「自分自身のこと」と「自分の希望する方向」を自問し、分析し、整理しておいていただきたい。そしてそのことに強い意思と確信を持っていただきたい。

何社受けても合格しないとか、せっかく転職しても長続きしない人はこれが欠如しているのです。

転職で自分を試してみようなどと言う人がいます。

転職して今まで自分が気づかなかった才能が開花したとか、転職で天職が得られるなどといった、転職雑誌のコピーに惑わされることなく、自分の意思で転職に挑んでいただきたい。

なぜなら、転職は自分を試すためのリトマス紙ではないのです。転職は運試しではありません。

 

転職の自分なりの目標を明確にし、それに強い意思を抱いていないと、必ず面接の時に見抜かれます。

特に集団面接ですと、他の人の熱意に圧倒されて萎縮し、すっかり自信をなくしてしまうでしょう。生半可な気持ちでは、絶対に成功しません。

厳しい就職戦線で自分を支えるのは強い意思だけなのです。

下記に自分を知るチェックシートを掲載しました。

たいていどんな人も、自分のことは自分が一番よく知っているつもりでいるのに関わらず、じっくり自分と向き合う時間を持たず、思いこみや願望を本当の自分とだぶらせていたり、体裁を気にして自分の本音を聞き逃していたりすることが多いようです。

転職はそういう意味で、自分を客観的に分析するよいきっかけとなるといえるでしょう。

ただしこのチェックは、あくまでも自分を客観的にみる「手がかり」としてください。

みなさんそれぞれ性格や思考はもちろん、生き方もすべて異なります。分析を深めていけばいくほど分析内容はそれぞれ広く深く違った方向に進んでいくはずだからです。

自分を知るチェックシート

次の設問に対し、当てはまるものには口にチェックしてください。チェックが多ければ多いほどビジネスマンとしての資質が高いといえます。

しかし、チェックした項目についてはその後さらに詳しく自分で掘り下げてみてください。

チェックしなかった項目についても今後どうすべきか、取り入れるかどうかなど考えてみてください。

  • 自分の長所、短所をそれぞれ3分間でまとめることができる
  • 何事にも積極的に思考一行動する
  • 仕事や行動にミスがないよう注意深い
  • ねばり強く根気がある
  • 集団のなかでは協調性を大切にしながらリャダー性を発揮できる
  • いつも先のことを考えながら行動する
  • 仕事とプライベ→卜は区別すべきだが、責任上仕事を優先する
  • 能力やスキルアップのためなら条件が悪くても頑張る
  • どんな仕事でも完璧に最後までやり遂げる
  • 仕事での能力、強みと弱みを自覚している
  • 実力や実績を正当に評価されることを求め、疑問があれば尋ねる
  • 損得を考えることも必要だ
  • 他人の意見は客観的に捉える
  • 自分なりに手順を考え計画的に仕事を遂行する
  • 交渉・折衝は積極的に行える
  • 行動するにはリスクや危険性も計算する
  • 思考、行動ではかたくなに固執せす融通がきく方だ
  • ビジネスチャンスを得るにはどん欲だ
  • アイデアや企画を出すことが得意だ
  • 物事の本質や構造を見極めることができる
  • 周囲の状況や人間ノ関係には気を使う方だ
  • 時代の流れや流行には敏感で、積極的に取り入れる方だ
  • いくつかの事実から次のことを推測できる
  • 情報収集に似積極的だ
  • 臨機応変に行動できる
  • 正直で墟はつかない
  • 寛容で、すぐイライラするタイプではない
  • 時間や金銭感覚は絶対にルトズではない
  • 思い切うた決断や行動をすることができる
  • 仕事は与えられた部分をするだけでなく戦略的にあるいは経営的見地でみる