転職

あなたはどうですか?転職で失敗しやすいタイプはこういう人です。

なぜいまの職場でダメなのか?転職を逃げ場にしていませんか?

あなたは、なぜ、いま転職したいのかを明確に説明することができますか?

転職は、人生にとって大きなチャレンジです。就職活動はもちろん、試験を受け(おそらく何社も)、新しい就職先が決まってもそこになじんで仕事を軌道に乗せられるようになるには、莫大な時間とエネルギーが必要です。それには強い意思がなければ絶対に目標達成できません。

ところが、就職活動中に挫折してフリーターになってしまったとか、何十社も受けても合格せず、結局前よりはるかに条件の悪い会社になってしまったという人が意外とたくさんいます。

このような人はたいてい転職の動機が「今の仕事は自分にあっていないような気がする」「毎日つまらない仕事ばかりで先が見えない」「嫌な先輩(上司)にいびられっぱなしで耐えられない」 多くの転職相談を行ってきた経験から見て、こういうタイプはまず「本人が納得できる転職」は無理です。

いまの職場でまず改善の努力をしましたかと尋ねるのですが、≒もう嫌なんです」の一点張りでさっさと退職願を提出してしまう。あるいは「あそこで努力したって無駄です」。

なぜこのようなタイプが転職に失敗しやすいかというと、自助努力が足りない、解決への努力(上司に相談するなど)がない、こういう不平は次の職場でも出ないとは限らないからです。

そして、面接試験で必ずこれくらいのことは見抜かれます。相手はプロの人事担当者ですから。先方も「こういう人はたぶんうちに来ても同じ不満を言い出すだろう」と思うものです。




会社を辞めるのは簡単ですが……

この不況時で転職の厳しい時期に、敢えて立ち上がろうという人にはとにかく頑張っていただきたいええす。一度しかない人生だから、転職するにしても悔いのない結果が得られるように、大いに頑張っていただきたいと思うのです。

ただし、辞めるということを衝動的に行動に移さないほうがよいことを肝に銘じておいてください。上司と口論して、カッとなって感情的に会社を飛び出す人もいます。人員削減でリストラが進み、そろそろ自分にも回ってきそうなので言われる前に辞めてしまったという人もいます。

そのときはそれで気持ちが収まっても、転職には不利になります。トラブルが原因で退職したというのは、たいてい調べられてばれてしまいますから、まず採用されなくなります。

じっくり考えれば辞めるほどのことではなかったということになるかもしれません。

 

いずれにせよ辞めるのは次の仕事が見つかってからでも遅くないでしょう。すぐに次の仕事が見つかるとは限りませんし、失業生活が長引けば経済的にも不安になります。

また、リストラで解雇されるというのは非常に不本意なことでしょうが、そういう場合は、会社によっては退職金に給料の何力月分かを上乗せするとか、勤務時間中に求職活動をしてもよいなどの計らいをしてくれるところもありますし、失業保険の給付でも優遇されます。

不景気の時代に失業生活を送るというのは精神的にも経済的にも非常に重圧が大きいですから、とにかく自分に不利にならないようによく考えていただきたいのです。

辞めるのはいつでもできる。でも辞めてしまってから後悔しても絶対に戻れないのですから。

 

 

再就職できない人の主な理由

  • 賃金・給料が希望と合わない
  • 勤務時間・休日などが希望と合わない
  • 求人の年齢と自分の年齢が合わない
  • 希望する種類の仕事がない
  • 自分の知識や技能を生かせる仕事がない
  • 自分の技能・技能水準と求人の技術水準が合わない
  • 正社員・パートーアルバイトなど希望する形態の仕事がない
  • 条件にこだわっていないが仕事がない
  • 近くに仕事がない