健康

今年こそは何とかしたい!冷え性の人は食べ物の選び方に注意!

冷え性に効く食べ物

冷え症は対策次第で改善されます

体が冷え性になると色々な症状が出てきてつらいんですよね。もし自分が冷え性だとわかったら早めに改善するように努力したいです。

私たちが一番手軽に出来る冷え症対策といえばやっぱり食べ物。バランスの良い食生活を心がけることで健康な体作りも可能になりますからかなり重要です。

食品には体を温める作用があるもの、そして逆に体を冷やす作用があるものといった具合に効果が違ってくるの、知ってました?

そこで冷え性に効果のある食べ物をご紹介しますので、是非参考にして下さい!

あわせて読みたい
冷え性を改善する対策を練る女性
私にぴったりの方法はどれ?簡単に出来る冷え性の改善方法冷え症対策をしていますか? 自分が冷え性かもしれない!そう思った時に何からしたら良いのかわからないという人、結構多いんです。しかも中に...

冷え性対策には体を温める食べ物を

体を温める効果のある食品の特徴としては、寒い地域で収穫されたり好まれて食べられている食べ物や、野菜などは地中に出来ているもの、ややかためで水分も少ないもの、色が濃いといった特徴などがあります。

他にも塩辛い味付けなどが温める効果があるものの特徴になります。

  • 野菜 … 人参、山芋、蓮根、ごぼう、こんにゃく、自然薯、ふき、かぼちゃ、しょうが、にんにく、にら、しそ(たくあんなどの野菜の漬物類)
  • 果物 … りんご、さくらんぼ、栗、梅、ぶどう(梅干も含む)
  • 海草 … ひじき、海苔、わかめ、塩昆布
  • 調味料 … 味噌、しょうゆ、塩、黒砂糖、ごま油など(黒砂糖は甘いものになりますが、未精製のものなので体を温める作用があります。)
  • 魚類 … あじ、いわし、カツオ、塩干しの魚やたらこのように漬けてあるものなどがお勧めです。
  • 飲み物 … ほうじ茶、番茶、ココア、紅茶、赤ワイン、日本酒

 

このような食品が有効だと考えると色々と食事に取り入れる方法が何となくわかります。

  • おかずは塩魚を焼いたものなどを取り入れる
  • 野菜は根菜などを何種類か煮物にして食べる
  • 食事の時に一緒に漬物なども添える
  • 海藻類は煮物や味噌汁などに入れる
  • しょうが、にんにく、にら、しそなどを調味料や薬味などで取り入れる

和食の献立だと組みやすいですね。早速、試したいです。

あわせて読みたい
冷え性と漢方
私に合った薬はどれ?冷え性に効果のある漢方のベストな入手法自分にあった冷え症対策をしていますか? 普段から冷え性を実感されているという方はどのような対策をしていますか? 靴下を履く ...




冷え性対策に特におすすめなのはしょうがです!

しょうがは冷え性の人にとって強い味方なんですよ!ショウガオールは糖質や脂肪の燃焼に役立ち、体の血行を良くしてくれます。

つまり体を温めるのに活用したい食品ということですね。

最近は手軽にしょうがのすりおろしチューブを使って味噌汁に入れたり、冷奴に乗せたり、おかずのトッピング的にかけて食べている人もいます。

ただ、ここで注意したいのはチューブのしょうがだと手軽な分、保存が出来るように添加物を使っています。

また、生のすりおろしだとショウガジンゲロールという成分が多く、血流を良くしてくれるのですが、その分、解熱効果もあるので注意です。風邪で熱が出た時は利用できそうですね。

食べ方としてはスライスして一度干したしょうがを使用する方法が効果的だという事がわかっています。

食べ過ぎると良くないので、一日の目安としてはスライスの場合は6枚、すりおろしの場合は小さじ1ぐらいの量と覚えておきましょう。

食べ方も工夫したいところ

体を温める作用のある食品がわかったのですが、さらに効果が出るように食べ方にも注意したいですよね。

  • 野菜は加熱調理したものや生野菜のメニューをバランスよく摂取します
  • 飲み物は冷たいものを避ける

野菜の場合、全部加熱してしまうと生の状態で摂取できるビタミンなどの栄養素などがうまく摂取できなくなる事もあるので、適度に食べるのは良いと考えましょう。

その場合、旬の野菜をよく噛んで食べるようにして下さい。




冷え性の人にとって避けたい、体を冷やす食品も

逆に体を冷やす作用があり、冷え性の人にとっては悪い食べ物などがあります。

特徴としては甘いもの、南国地方で収穫されたり好んで食べられているもの、土の上になっているものや加工品などがあります。

野菜

ナス、トマト、レタス、大根、かぶ、ピーマン、白菜、緑豆(もやしや春雨を含む)ゴーヤ、セロリ、オクラ

大根は土の中になる野菜ですが、水分が多いために体を冷やす作用があります。

果物

バナナ、柿、梨、スイカ、メロン、パイナップル、みかん、レモン、グレープフルーツ(ジュースや缶詰などの加工食品も含む)

海草

ところてん、もずく、都こんぶのような酸味がある味付けのもの

調味料

白砂糖、ざらめ、みりん、お酢、クエン酸などの食品添加物

お菓子類

和菓子、洋菓子、スナック菓子などは白砂糖や果糖、ブドウ糖、食品添加物などを使用して作られる事が多いのでほとんどが体を冷やす作用があると考えて良いでしょう。

魚類

マグロ、くらげ、甘く煮てある佃煮、さつま揚げやかまぼこなどの加工食品

飲み物

コーラ、コーヒー、緑茶、ビール

これらの一覧を見てみると体が冷えやすい食生活というのもある程度わかるようになります。

  • 生野菜のサラダなどを好んで食べている
  • 果物を食べる頻度が多い
  • お菓子類、スイーツなどを食べる機会が多い
  • 食品添加物が使用されているコンビニ弁当などの利用率が多い
  • コーヒー、コーラ、ビールを飲むのが好き
  • ダイエットも兼ねて緑茶ばかり飲んでいる

といったところでしょうか。中には一見、健康によさそうなものやヘルシーな食生活に見えるものもありますが、冷え性の改善で考えると良くないんです。

これらの例に当てはまらないように気をつけるようにしましょう。