健康

痩せにくいと思っている人必見、ストレスとダイエットの意外な関係

ダイエットでストレス

ストレスが多いとダイエットが失敗してしまう??

体重が増えてきた、余分な脂肪が気になるようになってきた、好きな人が出来たなど、様々なきっかけでダイエットを始めるようになります。

最初はうまく体重が落ちたりしていたのに段々とうまく体重が落ちなくなってきているといった状況に陥る人も少なくありません。

「元々太りやすい体質だから」「年齢的に痩せない」などと考える事もあると思いますが、もしかしたら別の原因があるかもしれません。

うまくダイエットできなかったという原因は人それぞれなのですが、ここ最近ではストレス」もダイエットと深い関係がある事がわかってきています。

  • ダイエットがうまくいかない
  • 段々と太ってきている

といった状態が当てはまる場合はストレスが大きく関わっている可能性があるかもしれません。

とはいってもストレスを感じて痩せてしまうという話も聞く事があるのになぜ太るのか不思議に感じるかもしれません。

痩せてしまうといった場合は非常に強いストレスを短期間で受けている人が多いです。多く食べてしまう、太りやすくなってきたという人の場合は長い期間、ストレスがかかりためこんでいる状況の人が多い傾向があります。




太る原因にもなる過食はなぜ起こるのか

私たちが食べたいと考えるようになる食欲はドーパミンの分泌で増加してきています。

実際に食事をする事でセロトニンという物質が分泌されて食べたいといった食欲が落ち着いてきます。

通常の場合、このドーパミンとセロトニンのバランスがとれ食欲のコントロールが出来ているのですが、長期間にわたる慢性的なストレスがかかっているとセロトニンの分泌量が少なくなる事がわかっています。

セロトニンが足りなくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか。

ある程度食べてもまだ食べたいといった状態になり、食欲自体が落ち着かずにずっと食べ続けてしまうといった過食(ドカ食い)状態になってしまうのです。

このようにセロトニンは食欲のコントロールに関係しているのですが、役割はこれだけではありません。

セロトニンが足りなくなると基礎代謝自体が下がってしまうので消費エネルギーの低下につながります。結果として痩せにくく太りやすい傾向になるという事がわかっています。

ストレスで甘いものと脂っこいものが食べたくなる

ストレスがたまっているなと感じている時、甘いものが食べたいと思ったり脂っこいものを食べたくなったりする事があると思います。

ストレスを感じた時に体は危機的な状況だと判断して脳にエネルギーを確保しようとします。糖分はストレス緩和作用もあるのです

この時、手っ取り早くブドウ糖などの甘いものを食べるようにして脳にエネルギーを蓄えように指令を出します。

このため、「何か甘いものが食べたい」と感じて食べるようになるのです。そして脳や神経細胞の働きにはコレステロールも必要になってきます。

こちらも摂取する事で気持ち的に安定する効果があります。糖分と同様に「脂っこいものを食べたい」と考え、揚げ物やスナックなどの高脂肪食を好むようになるのです。

よってストレスを感じるようになると甘いもの、脂っこい食べ物を食べたくなり食べる量自体も増えていく傾向が出てきます。




ダイエット中のこの状況に注意!

ダイエットをしているとかえってストレスを感じるという事があると思います。わかりやすいのはダイエットで食事制限をしている時に限って甘いものや脂っこいものを食べたくなるという状況です。

これはダイエット中にストレスを感じて余計食べたくなるといういう典型的な例にあたります。

結果としてダイエットをしてストレスがかかり食べ過ぎる、そして更に太ってまたストレスを感じてしまうといった悪循環が延々と繰り返されてしまう心配があります。

太りやすいホルモンが分泌される!?

他にもストレスとダイエットに関連する事があります。それはコルチゾールというホルモンです。

人間の体にストレスなどの危機的状況があった時にコルチゾールが分泌され、筋肉を分解してブドウ糖に変えてしまう働きがあります。

筋肉量が下がってしまうためにその分、基礎代謝が下がる結果になります。基礎代謝が落ちるために消費するエネルギー量も減るという事です。

このようにストレスがかかっていると、太りやすい体になってしまいます。

ストレスのかかり具合で体重が変わるかもしれません

このようにいくつか例をご紹介しましたが、ストレスとダイエットというのは非常に関わりが大きいです。

場合によってはストレスをためこまない生活を心がける事でセロトニンもしっかりと分泌されるようになるかもしれません。

その結果、肥満の悩みもある程度改善できる可能性があるとお分かりいただけたかと思います。

とはいっても自分では避けたくてもストレスがかかってくる状況なので完全に避ける事は難しいと思います。

そこでやはり大事になってくるのがストレスを感じる事があったとしても「ストレスをためこまない」という心がけがポイントとなります。

普段からこまめにストレスを解消、発散する事で状況は徐々に改善するようになるでしょう。

あわせて読みたい
ストレス解消
手軽に実践!!手軽に出来る!ストレス解消法あれこれストレスはため込む前に発散しましょう ストレスはどんどんためこんでいくもので慢性化すると良くないといわれています。心身共に影響が出て病...