スキンケア

あなたはスキンケアの効果を実感できていますか?

スキンケア

肌のコンディションは大切です

「透明感のある肌になりたい」

「シミやシワと無縁の肌になりたい」

これは多くの女性の願いですね。

 

肌の印象は、その人の見た目にも大きく影響します。いくつになっても魅力的な人は、総じて美しい肌をしています。

また、みなさん感じてはいると思いますが、肌の調子がいまいちだと、なんとなく1日気が滅入ってしまいますね。逆に、輝くような美しい肌であれば、自然と気合も入ります。

誰かに会うときにも自信が持てますし、仕事も頑張れます。人生そのものが変わると言ってもいいくらい、肌のコンディションは女性にとって重要なものです。

どんなにいい化粧品でも「使い方」次第で逆効果に

肌を美しく保つために、多くの女性が様々な努力をしています。なかには「肌にいい」と聞けば、化粧品も美容品も片っ端から取り入れてみる、なんて人も…。

でも、どうでしょうか?その努力は自分の肌にキチンと反映されていますか?

 

スキンケアに熱心な人ほど、あれこれ試しますが思った様に肌の調子はよくならないようです。そのため、さらに新しい化粧品を試してみたり、今のお手入れ方法に手を加えてみたり……。

 

でも、やっぱり肌の調子はイマイチなんですよね。それどころか、逆にシワやシミが増えてしまったなんてことも。

 

実はこのような悩みを抱えている人は、洗顔に始まる基本的な肌のお手入れの仕方を誤解していることが多いのです。

 

今はさまざまな美容成分が入った高機能商品があふれています。でも、どんなにいい成分が入っていてもスキンケアのもっとも大切な「基本」が間違っていたら、逆効果になってしまいます。

 

肌にいいと思ってしていることで、肌をどんどん痛め、「老け肌」にしてしまっている可能性もあるのです。




洗顔に対して、こんな誤解してませんか?

スキンケアといえば、「汚れをキチンと落とすことが基本」と思っている人は多いようです。確かにこれは間違いではありません。でも、ここには少し誤解があります。

 

たとえば、メイクが肌に残ったままになると色素沈着が起こるなどと言われることがあります。でも、それは事実ではありません。

 

たっぷりの泡で洗顔する方が肌に刺激が少ない。実はこれも間違いなのです。洗顔ひとつをとっても、このような間違いに気づかずに、毎日のケアをしている人がたくさんいるのです。

あなたも、家に帰ったらすぐにメイクを落とさなくてはいけない、と思っていませんか?メイク落としは徹底的に、アイメイクやリップに専用のリムーバーを使っていませんか?朝も、夜と同じように洗顔料を使って顔を洗っていませんか?

顔をきれいに洗って、いったんすべてを取り除き、化粧水や美容液、乳液、クリームをつける。こんな習慣がいつの頃からか、当然のようになってしまってはいませんか。ここに大きな落とし穴があるのです。

美肌は「弾力」と「伸び」で決まります

スキンケアは、方法次第で肌をいためてしまうことがあります。

なかでも、洗顔によって、正確にいえば「洗顔のしすぎ」によって肌の調子を崩している人が多いのです。

洗顔料をたっぷり手に取ってしっかり泡立てて顔全体を洗い、顔がキュッキュッというまでお湯で流し、最後はタオルでこするようにして拭く。

確かにすっきりするかもしれませんが、この洗顔では本来、肌にとって必要な皮脂や角質まで取り除いてしまいます。

その結果、何が起こるといえば「肌の乾燥」です。

健康で美しい肌の条件は、「弾力」と「伸び」があることです。この弾力と伸びがモチッとした皮膚感を生み出しているのですが、その大敵が「肌の乾燥」なのです。

乾燥は、肌のカサつきやくすみ、そしてシワの原因となり、肌を一気に老化させてしまいます。




年齢とともにシワやたるみが出来る理由

まず、「肌の弾力」ですが、これは「真皮の厚さ」で決まります。

ここで肌の構造を説明します。

肌は大きく分けて3層から成り立っています。表面に近い表皮、その下の真皮、そして皮下組織です。

なかでも真皮は一番厚みがあり、ここがふっくらしていると弾力のある肌になります。この真皮は、コラーゲンやエラスチンなどの線維から出来ていて、その線維の隙間を、水分を保つ力を持つゼリー状のヒアルロン酸などが埋めています。

コラーゲンやエラスチンは年齢とともにどんどん減少し、そのため真皮が薄くなっていきます。年齢を重ねると、肌の弾力が失われたり、たるんだり、シワが出来やすくなるのはこのためです。

コラーゲンやヒアルロン酸が肌にいいと言われるのは、弾力を作るもとになっているからです。




肌の老化を遅らせるスキンケアとは

たとえば10代と50代では、真皮の厚みは1ミリくらい変わります。でも、これは誰もがさけられないことです。

だからこそ、日々のスキンケアが重要になってきます。どれだけ「正しいスキンケア」が出来ているかで「肌の老化」のスピードを遅らせることが出来るのです。

ここでいうスキンケアには、「毎日の食事」も含まれます。

とくに「弾力」を保つには、直接「肌をつくる」栄養成分にアプローチすることが大切です。肌の外側と内側、両方のケアがあってはじめて「輝きのある美肌」が実現するのです。