不健康

テレビを観ながらウトウトとうたた寝は気持ちいですが健康には?

うたた寝して心地よい夢をみる夫婦

うたた寝してしまうメカニズム

どうしてテレビをつけていると、ついうたた寝してしまうのでしょうか?

アナタはそんな風に思った事はありませんか?深夜の映画やドキュメンタリーを観ていてウトウト、気づけば朝だった…。

途中で家族が起こしてくれればいいのですが、一人暮らしだとそうもいきません。そのうちには、テレビをつけて眠るのが習慣になってしまった人もいるでしょう。

テレビが眠くなるのは番組がつまらないから…ではもちろんなくて、光るテレビ画面の明るさが寝るのにちょうどよいからなのです。

睡眠時は部屋を真っ暗にすると瞳孔が開いてしまい、神経に刺激を運ぶ役割をする交感神経が刺激されて、かえって目が覚めてしまうので、小さな明かりぐらいはあったほうが良いのです。

暗い部屋で点灯しているテレビ画面の明るさ、それが脳には心地よいんですね。

しかし、この習慣は健康にはよくありません(電気代ももったいないですしね)。その理由は意外なところにあって、観ていたテレビの内容が暗い内容だったり不安になる話だったりすると、安眠を妨害してしまうこともあるのです。

嘘のような話ですが、実は番組の影響は夢にまで及ぶそうです。

夢はいつ見るのでしょうか?

夢は「レム睡眠」に見ると言われています。「レム睡眠」とは体は眠っていても脳は活動している状態の事で、レム睡眠時には脳は無意識のうちに何らかのことを考えているのです。

テレビを観た記憶は、当然ながら脳に刻まれています。睡眠の直前に見た物であれば、レム睡眠の時にテレビの内容が出てきやすいのは自然の成り行きですね。

夢ばかり見る人は、睡眠前に読んだ本や観たテレビ番組、あるいは自分で想像したことなどが影響している可能性もあります。

嫌な夢で思わず目が覚めてしまうことがるように、その場合は睡眠中にリラックスできていないのです。

人がなぜ睡眠を必要とするかと言えば、それは「脳と体の休息のためです」。テレビをつけっぱなしで眠ると、その本来の意味が台無しです。

寝ていても朝起きると疲れがとれていないのですが、それも習慣になってしまえば感覚がマヒし、結果、目に見えない疲労が体に蓄積されていきます。




睡眠は体を休める大切な時間です

『睡眠学習』というものが流行った時期がありますが、「休息と記憶(脳を使う)」という全く逆の事をやろうとするのは、いささか無理のようにも思えます。

さらにテレビ以上に避けた方が良いのが睡眠直前のパソコンです。パソコンが発する光はテレビ以上に強く、目が覚めてしまいます。

メールでも書けば頭も使うので、ますます眠りから遠ざかります。携帯電話も画面が意外に明るく、良くない点はパソコンと一緒です。

不眠気味の人は、テレビとパソコンと携帯は寝室から追い出すのが無難と言えます。

部屋が狭くて無理ですか?それでもスイッチを切るくらいの手間を惜しんではいけませんよ。