不健康

猛暑日でもエアコンをつけっぱなしにしていると、こんなことに…

猛暑日でフル稼働するエアコン

猛暑の熱帯夜ではエアコンを切ることはできません

朝までエアコンをつけっぱなしにして寝ることが体に悪いことは、誰もが知っています。

知ってはいますけど、あの熱帯夜じゃ、とてもじゃないけどエアコンなしで眠ることなど出来ないし、窓を開けたところで都会の夜なんて涼しい風のひとつも吹きません。

 

反対に蚊や泥棒の方が心配になります。特にマンションの1階に住む住人は絶対に窓の鍵など開けて眠れませんよね。

だからといって、扇風機で乗り切ろうとしても、熱いのは変わらず、すぐに起きてしまいます。今度は睡眠不足による体調不良を起こしてしまうのがオチです。

人間の体には気温の変化に自然に対応する能力が備わっています。

でも脳みそまで溶けそうな暑さとキンキンに冷えたエアコンの効いた室内とを、1日に何度も行ったり来たりしていると、体温の調整に関係する交感・副交感神経のバランスが崩れて、自律神経失調症になる危険性があります。

エアコンが効きすぎると体調不良の原因にも

冷房の効きすぎた場所に何時間もいると、寒さから肩こりや腰痛、胃腸不良などの症状を招くこともあります。

寝ている時はずっとエアコンの効いた部屋に閉じこもっているのだから、体にかかる負担も当然大きくなってしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか?エアコンなしが無理なら、冷房に負けない体を作ることが先決です。

まず、冷房で冷え切った体を守るために、食べ物、飲み物は温かいものを摂るように心がけて下さい。

冷たいものを食べたり飲んだりすれば体が冷えて夏も涼しく過ごせるかなぁ、なんてノンキな事を考えている人は、もうすでにあちこちの関節が痛んでいるのではありませんか?

体を温めることが、外の暑さにも内の過激な涼しさにも対抗できる秘訣なのです。

また、熱いからと言ってシャワーだけですませる人も多いでしょうが、体を温めるためにも夏こそ湯船に浸かりたいものです。

そのときにメントール成分の入った入浴剤などを利用すると、汗もひきやすく肌もすっきりするので爽やかな気分になれるでしょう。




エアコン利用のおすすめしたいコツとは?

エアコンの利用法にもコツがありますよ。設定温度はもちろん起きてる時よりも、やや高めにしましょう。

外気との温度差が5℃が目安です。タイマーをセットし途中出来るようにしている人もいますが、結局途中であまりの寝苦しさに目が覚めて、リモコンを探して電源を入れるはずです。

朝まで熟睡をすることを考えたら、高めの温度設定で自動運転にしておいた方が適温が保たれるのです。

 

下半身(特に足先)が冷えないようにするのもポイントです。タオルケットや夏掛け布団をキチンとかけるようにしましょう。

扇風機はエアコンよりも健康的と思っている人も多いですが、扇風機の風を体に当てながらうたた寝しただけで死亡したケースもあります。

扇風機は部屋の空気をかき回すつもりで使用するようにして下さい。

体には悪いけど、でもつけっぱなしじゃなきゃ眠れない…だったらせめて、健康への害が最小限ですむ様な使用法を考えて猛暑を乗り切っていきましょう。