栄養

これは簡単!野菜不足解消のための有効な対策

グリーンスムージー

野菜不足を解消する方法とは

なぜなら、コンビニにはたくさんの野菜不足を解消するのに役立つ商品も売られているからです。

要は野菜を食べるという意識を持つことと、商品の選び方、そして工夫次第ということですね。

日本人の野菜摂取量は年々少なくなっているといわれています。

「野菜の値段がけっこう高い」「一人暮らしだと買って余らすのも、料理する時間ももったいなく感じる」

「野菜料理ってめんどくさい」などなるほどと思われる意見がたくさんあります。

しかし、ずっと野菜が不足していくのも問題です。なぜなら日本の風土に合った生活にはやはり野菜は欠かせません。

エスキモーのようにアザラシの生肉を食べたり、放牧民のように羊の血を飲んだりできないですものね。

日本人にとっての外食、コンビニと聞けば栄養の偏り、野菜不足が挙げられます。確かに、野菜不足になりがちではありますが、コンビニ=野菜不足ではありません。

なぜなら、コンビニにはたくさんの野菜不足を解消するのに役立つ商品も売られているからです。

要は野菜を食べるという意識を持つことと、商品の選び方、そして工夫次第ということですね。

有効な策はないのでしょうか?あります。ここでは有効な対策3つをご紹介します。




野菜を食べられないなら飲んでしまおう!

野菜を食べることが難しいのなら飲んでしまおう、という簡単な発想です。飲んでしまおうといってももちろん野菜を噛まずに飲み込もうとかそういうことではありません。

オリジナル野菜ジュースを作ろう、という意味です。グリーンスムージーが世間一般に受け入れられて久しいですね。

そう、グリーンスムージーは野菜不足対策の心強い味方です。グリーンスムージーとまではいかなくても、ミキサーやジューサーなどを使ってお好きな野菜と果物を合わせてジュースにするだけでじゅうぶん効果があります。

よく、ミキサーとジューサーどちらを買えばよいかわからない、という方がおられますがどちらにもメリットがあります。

野菜の酵素を重視する場合ジューサー、繊維質を重視する場合ミキサーですね。ジューサーは飲みやすく、栄養吸収率が高いというメリットもあります。

しかし、ジューサーに適さない野菜があることを考えると、摂る野菜の種類を制限したくない方はミキサーが向いていると思います。

こうした、ミキサーやジューサーを使って手作り野菜ジュースにチャレンジするとき、心がけたいのが緑黄色野菜と淡色野菜の両方を入れる、ということです。

また、生の野菜ジュースは加熱なしでいけるので、日ごろ加熱してしまいがちな野菜の中でジュースにできるものがあれば積極的に入れていきましょう。

ちなみに、おすすめの組み合わせを3つご紹介します。

玉ねぎ+セロリ+オレンジ+豆乳。臭いのきつい野菜をオレンジが見事にカバーしてくれます。

小松菜+リンゴ+大根+バナナ+豆乳甘さもありさわやかさもあり飲みやすい感じです。

ブロッコリー+リンゴ+キャベツ+はちみつ+オレンジジュース。甘く仕上げます。

これは?と思う食材でも意外といけるのが野菜ジュースの魅力です。オリジナルでどんどんおいしいレシピを考えてみてください。




自分流保存野菜食で野菜をどんどん食べよう!

野菜はそれほど嫌いではないんだけど、一人暮らしだから野菜を買うのが不経済だからとか、働いていて時間がないという方におすすめなのは、自分流の野菜保存食を作っておくことです。

例えば本当に簡単で重宝するのがなんちゃってピクルスです。普通の市販のすし酢を使います。

密封できる瓶に親指くらいの大きさになるよう野菜を切って入れていき、鷹の爪少々と寿司酢、を入れて漬け込むだけの簡単保存食です。

24時間後からおいしくいただけます。

2週間くらい余裕で保存できるのですが、私自身も含め、紹介した方みんなも、おいしくて食べ過ぎてそこまで日持ちさせることがないとう意見ばかりです。

ピクルスにおすすめなのはニンジン、キャベツ、パプリカ、セロリ、キュウリ、アスパラガスなどです。

瓶の中を見たとき彩がきれいになるよう入れていくと、見た目にもおいしい1品になりますよ。

もう一つ、寿司酢ではなく塩麹で漬け込むのもおすすめです。

週末など時間があるときに野菜を使ったけど、余ってしまったというときは一口大に切り密封できる袋(ジップロックなど)に入れ塩麹と花かつおを入れて冷蔵庫にしまっておくだけです。

次の日くらいから食べられます。

漬物感覚でもいいですし、豚バラ肉などと一緒に炒め、ごま油と醤油を足すと立派なお弁当の主菜、簡単なおつまみになりますよ。




市販のお役立ち商品を積極的に利用していこう!

野菜不足対策に真剣に取り組むには、食品会社、健康食品会社のご協力を得ていきましょう。

といってもそんなに難しいことではありません。市販の商品を上手に活用していこうというだけの話です。

昨今の健康ブームを受けて、非常にたくさんの野菜不足解消商品が販売されています。

乾燥野菜とドライフルーツをグラノーラと一緒に食べられるように配合してくれていたり、野菜を栄養分をグッと閉じ込めたおやつ感覚で食べられるバーのようなものもあります。

また、いつものお味噌汁にさっと入れるだけでOKの乾燥野菜のキットや、野菜の下処理なんか全部やってくれていてそれだけで簡単に筑前煮や煮物が作れる冷蔵、冷凍食品もあります。

それらを上手に使っていくと比較的経済的に野菜をもっとたくさん食べられるようになりますね。

それでも、めんどくさい方、サプリと青汁に頼りましょう。

 

野菜不足解消の対策まとめ

いかがでしたか?自分でもこれならできそう、というものがあれば早速今日から試してみてください。

一日も早く野菜を食べる習慣を身に付け、一日でも長く若い自分でいられるよう頑張りましょう。