スキンケア

要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

冬場の紫外線

紫外線は1年中あると考えましょう

夏は紫外線の量が多い為、肌のダメージを気にして日焼け対策、紫外線対策をしっかりと行っているという人も多いと思います。

一般的に紫外線の量は3月から9月にかけて多いといわれていますので、冬の時期になると特に日焼け対策はしていないという人がほとんどです。

ですが、冬も日焼け対策をしたほうが良いかもしれません。

紫外線は肌の奥には届かず、日焼けの元となるUVBと肌の奥の細胞にダメージを与えるUVAなどが主になります。

UVB自体は10月から2月にかけて低いのですが、UVAは夏場に比べて低いものの、比較的量が多いです。

紫外線によるお肌のダメージなどではシミやシワなどの原因になります。

また、結論としては紫外線は1年中、降り注いでいますので、冬でも紫外線対策、日焼け対策をした方が良いと考えます。




日焼けにはちょっとだけという考えが肌ダメージの元

時間的にちょっと出るだけだからという状況、よくあると思いますが、ベランダに出ての洗濯物干しをしている間は紫外線を浴びている機会が多くなります。

本人が思っているより時間がかかっているという事も多いのでその間にもしっかりと紫外線を浴びてしまっています。

また、紫外線量が少ないといわれている早朝、夕方なども紫外線が全く無いと言う状況ではありませんので念のために日焼け対策をしておきましょう。

室内でも油断大敵

室内だから紫外線の心配はないと思っている人も多いです。ですが、紫外線は窓のガラスなどは問題なく通過して室内に届いています。

室内の明るい窓際などで過ごす事が多い人、仕事場が窓際だという人は室内だからと油断せずに日焼け止めを使用した方が肌を守る事が出来ます。

車でもUV加工をしていない窓越しには同じ事が考えられますので注意した方が良いです。

冬でも日焼け止めは必要か

冬は紫外線の量が少ないから特に日焼け止めは必要ないと感じている人も多いのですが、冬に10分間出ている場合、夏に2,3分外に出ているのと同じと考えましょう。

よって冬でも日焼け止めは塗っておいたほうがシワやたるみの防止につながります。

夏に使っていた日焼け止めでも良いか?

冬になると空気の乾燥がひどくなってくるのとエアコンなどの暖房設備の影響により肌の乾燥リスクが高くなります。

夏に日焼け止めを使用して肌の乾燥が気になるという場合、冬に使用した際にさらに肌の乾燥が気になるという人も多くなります。

出来れば肌の状態も違うので夏用と冬用で使い分けた方が良いです。

商品を選ぶ時には保湿効果が入っている商品も増えてきているので、保湿効果がある日焼け止めを選ぶようにして下さい。




SPFが高いものが良いとは限りません

そしてSPFが高いものは紫外線吸収剤などを使用している場合が多いです。

種類も多く、一例としてメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシルなどがあります。

紫外線吸収剤は効果が強くウオータープルーフタイプになっているものも多く、肌への負担もあります。

そのため、冬のダメージを負いやすい乾燥肌には刺激も強いのであまり向いていません。

また、発ガン性が認められるものも一部ありますので、長時間、屋外でのレジャーやスポーツ、ウオーターレジャーの時にだけ使用する程度で通常時はSPFが低いもので充分です。

また、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めは紫外線散乱剤を使用していますので、通常時は紫外線散乱剤が使われている日焼け止めを選ぶ事をおすすめします。

紫外線拡散剤は酸化チタンや酸化亜鉛などがありますので、これらが配合されている日焼け止を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい
夏の日焼け対策
あなたは知ってますか?紫外線が強い夏の日焼け対策ポイント日焼け対策は紫外線対策をするということです 夏は日差しが強いと感じる事が多いですよね。ちょっとうっかりしていると日焼けをしてしまうので...

どのぐらいのSPF値が良いか

冬の紫外線、日焼け対策の場合、SPFが10から20ぐらいのものでも大丈夫なことが多いです。

夏と同様、やはり塗りムラや化粧崩れの心配もありますのでこまめに塗りなおしをするのは前提になります。

PA値は高くても++ぐらいあればB派の対策になりますので商品を選ぶ時の目安にすると良いです。

逆にスキー場などに行く場合は雪がレフ板と同じ効果があるために反射が強くなりますので紫外線、日光の量が多くなります。

スキー場にいく場合はSPF値が高めのタイプを使用するなどの使い分けをしておくと良いでしょう。

同様に北海道、東北など雪が多い地域でのお住まいの場合も若干、SPFを上げて対応してみて下さい。

冬は保湿もしっかりと

日焼け止めなどを塗っているから肌へのダメージは大丈夫と思ってしまってはいけません。

乾燥などが原因で肌の表面のバリア機能なども低くなっているために紫外線によるダメージも受けやすく、老化が進みやすい状況です。

そして肌の保湿を行うことで肌の代謝の促進にも関係してきます。

日中は日焼け対策を行ったぶん家に帰ってからクレンジングを行いしっかりと日焼け止めを落とすようにして下さい。

その後、しっかりと肌を保湿するといったケアを心がけるようにして日焼け止め対策をしていくと良いでしょう。

あわせて読みたい
化粧水
知っていますか?乾燥肌の人のための化粧水との付き合い方乾燥肌対策にはまずは化粧水のことを知ることからです 夏は紫外線やエアコン、冬もエアコンなどによる暖房や空気の乾燥などで一年中、お肌は乾...