不健康

ビタミンCのサプリで風邪知らずっていうのは本当なの?

ビタミンCサプリメント

風邪をひいたらビタミンCとは今や常識です

「風邪をひいたときはビタミンCを摂るのが一番です」とお見舞いにミカンを持ってきてくれる人も多いですし、「薬と一緒にビタミンCのサプリメントを飲むと治りが早い」と風邪薬と一緒にビタミンCの錠剤をセットで飲む人は多いものです。

 

最近は様々なサプリメントが話題になっていますが、このようなサプリメントブームの元となったのがビタミンCです。

1970年代頃から早40年以上、健康に欠かせず、きれいなお肌を作る素として、認知度も人気もナンバーワンです。

ビタミン博士の発表によって風邪にはビタミンCが定着しました

このビタミンC神話の始まりは、1970年代初めにふたつのノーベル賞(化学&平和賞)を受賞した『ビタミン博士』として有名なライナス・ポーリング博士が「風邪をひいたと思ったら、ビタミンCの錠剤(500mg)をすぐ飲み、さらに2時間おきに飲めば風邪は治る。また、毎日グラム単位で摂取すれば、風邪にはかからない」と発表したことによります。

この発表はすぐに世界中の話題となりました。日本人は元来「風邪は万病のもと」などと言って、風邪に対しては非常に神経質なところがあります。

その風邪がビタミンCを飲めば治るうえに、日頃からも飲んでいれば予防にもなると言われてしまえば、もう飲むしかありません。

また「そんなに飲んでも大丈夫なの?」「摂り過ぎてしまうと体に害があるんじゃないの?」という不安もビタミンCは大量摂取しても無害なうえ、余分量は2,3時間で体外に排出されるとビタミン博士がはっきりと払拭いしくれたので、もうビタミンCへの信頼度は安定感抜群です。




ビタミンCを摂取していても風邪にはかかります

しかし、実際にはビタミンCのサプリメントを習慣的に飲んでいる人も風邪にはかかります。「ビタミンCを飲んだら風邪が治った」と言う人も多いのですが、詳しく調査すると「症状が軽くなった」とか「早く治った」ということのようです。

それもいわゆるプラセボ効果だと言われています。

プラセボ効果とは

薬や栄養成分の効果を客観的に調べる時に、試験薬・試験成分と外観が全く同じにプラセボ(偽薬・偽成分の意味で、実際はただのデンプン)を用意して、被験者にはそれを隠して飲んでもらいます。

それにもかかわらず、被験者は本物と思い込むだけで効果が出ることがあり、それをプラセボ効果といいます。

『イワシの頭も信心』という日本のことわざが当てはまるかもしれません。

ビタミンCサプリの摂取とビタミンCの摂取は同じではありません

重要なのはビタミンC摂取とビタミンCのサプリメントを摂取は違うという事です。みかんを食べることと、ビタミンCのサプリメントを飲むことでは効果が違うのです。

サプリメントのビタミンCは合成アスコルビン酸で、天然のビタミンCに比べると吸収率は5割近くもダウンします。

 

そして私たちがみかんやレモンを食べる時には、その食品が持っている他の栄養素も摂取しています。とくに野菜や果物に含まれるポリフェノール類には、免疫力をつける成分が豊富に含まれています。

 

ビタミンCが豊富に含まれている食品を食べるのは確かに効果的ですが、手っ取り早くビタミンCの錠剤だけを飲んで同じ効果を期待しても、それは無理と言うものです。

つまりビタミンCのサプリメントだけ飲んでいても、風邪の予防にも治療にもならないのです。ということは、今までのサプリメント代は無駄だったの?残念ながらそうかもしれません。

これからは、サプリメントに費やしてきたお金を、小銭貯金でもしたらどうでしょうか。そして、そのお金でフルーツを買う方がよっぽど効果的かもしれませんよ。