不健康

お風呂でオシッコしちゃうのは不健康な証拠?

お風呂

男性はお風呂でオシッコする人が4割もいます

一説によると、男性の4割は入浴時に、お風呂の洗い場で排尿していると言われます。男性ばかりか「実は家では密かに、私も…」と証言してくれた女性もチラホラ。

子供の頃からクセになっている人や、「大人になってからあまりの気持ちよさに習慣化してしまった。気持ちがいいんだから、もはやこれは健康法です」と力説する人もおり、『隠れ風呂排尿党』はたくさんいそうです。

 

とくにぬるいお風呂や半身浴には排尿を促進する作用があるので、入浴時にオシッコがしたくなるのは自然の摂理と言えなくもありません。

トイレ以外で排尿をするのは病気の可能性もあります

ただ、そのことを考慮しても、トイレで無い場所でおしっこをしたくなるのは「多尿」や「頻尿」といった疾患が原因の可能性があります。お風呂で勢いよくほとばしるおしっこは侮れないのです。

健康な人間は1日に1000~2000ccのおしっこをします。

水の摂取量によって多少増減するものですが、4000cc以上も出る場合にはほぼ確実に「多尿」とされるようです。

膀胱の大きさは変わらないので、量が多ければ回数が多くなり「頻尿」となるのです。




多尿の原因

「多尿」の原因は、腎臓は健康だけれども水分の摂取が多い場合と尿崩症や糖尿病、慢性腎不全といった病気の場合があるためなどが考えられます。

「やたらとおしっこが近くて、トイレに行くのも面倒だ」と言う場合は泌尿器科に行った方がいいケースもあると思われます。

ちなみに老人では尿を濃縮する力が弱まってくるので、若者よりおしっこの量は多くなります。お風呂でのおしっこが止められないのは、老けてきた証拠かもしれません。

また、「頻尿」には、おしっこの総量は変わらないのに尿意が頻繁に起きて回数が増加する場合もあります。尿意は神経系でコントロールされていますから、脳の疾患や精神疾患が原因だったり、膀胱炎の場合もあります。

やはりお風呂でおしっこは不衛生です

お風呂でのおしっこが不衛生な事は言うまでもありませんが、それに加えて「我慢できない」ことに不健康な事実の可能性が潜んでいるわけです。

「自分の家のお風呂場なんだから構わないでしょ」と思っていては、体の変調を見逃しかねません。排泄は気持ちのいいものですが、「我慢は悪で、気持ちのいいことはどんどんやっていい」という考え方は、少し幼稚かもしれませんね。

 

たとえば昔は道端で手鼻をかんだり、痰吐き散らしたりをすることも許容されていましたが、衛生観念の発達や都市化ともに「下品な事」になり、今ではほとんど目にしなくなりました。

 

住宅事情から独立した男性用の小便器が減少して、男性も便器に座っておしっこをするようになってきたというデータもあります。排泄の習慣は変えやすいゆえに、お風呂で排尿する人が意外に多い理由なのでしょう。

 

逆に考えると、お風呂でおしっこをする習慣をやめるのも、それほど苦ではないはずですよ。