不健康

一日の始まりを朝風呂でシャキッとさせるのって健康的?

シャワー

 

1日の終わりにのんびり入るお風呂は、疲れた体と心をリラックス・リフレッシュさせる大切な儀式のようなものですね。

 

ほとんどの人が夕食後から就寝前を入浴タイムとしていますが、それは健康的にも理にかなった事です。

 

入浴後は体が温まり、やがて1時間くらいで体熱が冷めはじめ、眠くなります。体熱が一時的に上がってから、下がり出すと眠気を覚える仕組みなのです。だから快眠のためには就寝前の入浴が良いのです。

 

[adsense]

 

(こんな記事も要チェック!!お風呂で心も体もすっきりデトックスしませんか?

 

ところが、最近はシャワーや高性能の給湯機器の普及のおかげで、かなり朝風呂派が増えてきました。朝風呂派は疲れて帰宅した後にそのままベッドへ直行というパターンが多く、必然的に朝風呂派は夜風呂はよりも睡眠が足りなくなります。

 

そこで、ボーッとした頭をシャキッとさせるために出勤・登校前に朝風呂へ…となるのですが、これは何だか悪循環です。

 

まず朝風呂では、さきほどいったリラックス・リフレッシュ効果がアダになってしまいます。お風呂のリラックス・リフレッシュ効果は単に気のせいではなく、自律神経の副交感神経が優位に働くメカニズムによるものです。

 

副交感神経は抑制、休息、弛緩の神経です。お風呂に入ると温まるのは皮膚感覚以上に、血管が広がって、血行が良くなることによるところが大きいのです。

 

体が温まるだけならいいのですが、脳も運動機能も反射神経も体全体が抑制・休息・弛緩モードにスイッチオンされます。もうお気づきですね。これから1日の活動が始まろうとするのに、体をくつろぎモードにしてどうするの?ということです。

朝風呂は自律神経のリズムを乱してしまいがちなのです。
また朝風呂に入ったり入らなかったりの不規則な生活パターンも同様で自律神経失調症を招きやすいものです。

 

[adsense]

 

(こんな記事も要チェック!!お風呂でオシッコしちゃうのは不健康な証拠?

 

さらに朝風呂は朝食前に楽しむ人が多いのですが、これもいけません。空腹状態は胃腸の血流が悪く、体が冷えています。皮膚の血管に大量の血液が流入するため、胃腸などの消化器系の内臓はさらに血流不足となります。

 

そして内臓の働きが鈍っているところへ、風呂上がりに飲食すれば胃腸は悲鳴をあげてしまいますね。

 

同じような理由で、食後のすぐの入浴も感心しません。胃腸は消化・吸収の為に血液を必要としているのに、入浴によって皮膚血管に血液をとられてしまうからです。

 

夜に入浴できないのなら、朝は湯船に浸からず、シャワーで済ませる方が数段はマシです。

 

シャワーの場合、熱めのシャワーを短時間が基本です。寝起きの悪い人などは、交感神経を刺激して、すっきり目覚められるでしょう。

 

ぬるめのお湯で、ダラダラ優雅にシャワータイムを楽しむのは、朝はやめておきましょう。

 

でも、いくら忙しくても、お風呂にゆっくりと入れる時間ぐらいは夜に確保したいものですよね。

 

お風呂に関してはこんな記事もどうぞ

→ 温泉旅行って本当にストレス解消になってるの?

→ お風呂でオシッコしちゃうのは不健康な証拠?

[adsense]