不健康

アミノ酸飲料を飲んでれば運動しなくてもいいって本当?

アミノ酸

 

アミノ酸飲料がよく売れているようです。カロリーゼロで、飲んでいれば体脂肪を燃焼させてくれるそうなので、美容と健康は手に入れたいけど、運動はしたくない!という人にも大人気です。

 

アミノ酸というのは、タンパク質を構成している物質です。わかりやすくいうと「タンパク質=アミノ酸の集まり」です。

 

タンパク質は人間の筋肉となる物質ですから、分解して吸収しやすくしたアミノ酸を摂れば、筋肉がつきやすくなります。

 

そのため、アミノ酸飲料が脂肪を燃焼するというイメージになっているようです。

 

しかしよく考えてみましょう。なんの運動もしないでアミノ酸飲料だけ飲んでいれば、脂肪が筋肉に代わるなんて都合のいいことが起きるのでしょうか?
[adsense]
起こったら、それはそれですごいですが、そう簡単にはいきません。

 

アミノ酸は、そもそもスポーツ選手の栄養補給やパフォーマンス向上のため、また病人の栄養補給のために利用されてきた物質です。

 

スポーツ選手の練習後の疲労をすばやく回復させ、破壊された筋肉を再度蘇生するためだったり、病人の免疫力を向上させるために使われた栄養素だったのです。

 

では、筋肉増強・脂肪燃焼のアミノ酸だけを取り出して、摂取したらどうでしょうか?

 

実は、それは人体にとって危険な事なのです。単一アミノ酸を多重摂取すると過剰毒性が見られるため、筋肉増強に役立つ成分だけを摂取してはいけないのです。

 

ですから、市販されているアミノ酸飲料は、単一アミノ酸を多重摂取しないように他の成分を入れて調整しています。
[adsense]
アミノ酸以外にアミノ酸飲料にプラスされる成分の代表が、何を隠そう糖分なのです。

 

スポーツ選手が一日に摂取している数グラムのアミノ酸を、一般の人がアミノ酸飲料で摂取しようとすれば、当然ドリンクの量も増えます。

 

となるとバランスを取るために糖分も多く必要とされるので、運動もしていない人が飲んだ場合、糖分もがっちり摂取することになってしまいます。

 

つまり、アミノ酸飲料を摂取したところで、運動をしなければダイエット効果は望めないのです。

 

それどころか逆に、摂った糖分の分だけ太ってしまうことになります。ダイエット効果が発揮されるのは、要するに食事量を超える運動をしたときだけという、なんだかごく当たり前の結論になってしまいましたね。

 

インパクトのあるTVCMの言葉に乗せられてアミノ酸飲料を飲めば、運動しなくても運動したのと同じカロリーを消費できると考えていた人には、実にお気の毒な結末です。

 

アミノ酸飲料のいちばん効果的な飲み方は、運動するときに水分補給として利用することでしょう。脂肪燃焼も促進されて、疲労感も残りにくいはずです。

 

スナック菓子を食べながらゴロゴロとテレビを見ながら飲むのは、全くの無意味どころか、完全に逆効果だったんですね。
[adsense]