スキンケア

大丈夫ですか?気になった時がスキンケアの見直し時です。

スキンケア

 

「肌の曲がり角は25歳」なんて言われてきましたが、実はもっと早くて、15~16歳から老化は始まっているのはご存知でしたか?

 

10代は新陳代謝が活発なので、肌がダメージを受けても、見た目にはわからないだけなんです。

 

でも、この10代の時期にスキンケア、特に紫外線に対するケアをこまめに行っていたかどうかで、20代以降の老化のスピードが大きく違ってくるんです。
[adsense]
なぜ、紫外線が肌の老化に関係するのかといえば、紫外線を浴びることで表皮は軽いやけどを負った状態になり、水分が奪われ、急激に乾燥するからです。

また、真皮の線維が紫外線によって壊されてハリが落ちてしまいます。

 

無防備に紫外線にあたると、急激に肌は変化しますし、紫外線は毎日降り注いでいますから、紫外線ケアを怠ると肌の老化はジワジワと進行してしまいます。

 

しかも。年齢とともに新陳代謝の働きが弱まりますから、30代以降はそれなりのケアが必要になります。

 

ストレスや疲れなども加わると新陳代謝はさらに悪くなり、シミ、シワはますます出来やすくなってしまいます。

紫外線対策は次の記事も参考にして下さい。

☆要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

☆あなたは知ってますか?紫外線が強い夏の日焼け対策ポイント

 

[adsense]

 

だからこそ「スキンケアの見直し」が大切です

肌は年齢とともに変化しますから、それに合わせて、スキンケアの方法も変えていかなくてはなりません。

 

年齢を重ねると、皮脂の分泌量は少なくなります。皮脂はいったん取られても、再び時間が経つと分泌されるものなのですが、この回復力自体も年齢とともに衰えていきます。

 

洗顔をしすぎると肌をいためることもありますが、それは洗顔によって、取られた皮脂がなかなか戻ってこなくなるからです。

 

ですから、とにかく美肌のためには「洗いすぎない」「保湿する」この2点がとても大切です。

 

現在、肌トラブルを感じていない人でも、スキンケアを定期的に見直してください。

 

オススメなのは、人生の節目での見直しです。入学、就職、独立、結婚、出産などで、生活環境や習慣が変わるときに、肌の調子も大きく変わります。

 

これまではほとんどノーメイクだった人がフルメイクをするようになったり、食事内容が変わったり、飲む水が変わったり、ホルモンの変動が起こったり……です。

こんな時は肌の調子だって大きく変わってきます。

 

そのときどきで、洗顔料を使い分けたり、洗顔方法を変えたり、使っている化粧品を変えたりと。肌の調子を良くする工夫が必要になりますよ。

 

[adsense]