*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

肌荒れにはビタミン。ビタミンの徹底考察!

   

肌荒れとビタミン

 

肌荒れにはビタミンB群。皆さんこのイメージが強いと思います。

でも、ビタミンって一体何なのでしょう。どれくらい種類があるのでしょう。そして、私達の身体にどんな働きをしてくれるのでしょうか。

ビタミンB群だけではなく、肌荒れに効果のあるビタミンはたくさんあります。ビタミンを正しく知って活用しましょう。

 

ビタミンって一体何だ

ビタミンとは、身体では作る事が出来ず外から摂取しなければならない栄養素です。

たんぱく質炭水化物のような身体をつくる栄養素ではありませんが、身体の健康を維持する潤滑油のような役割を果たします。ですので、ビタミンが不足すると、様々な弊害を引き起こします。

ビタミンは様々な食材に含まれていますので、好き嫌いせず、まんべんなく食事をすることで補う事ができます。

しかし、ビタミンも万能ではなく、過剰摂取すると別の弊害が起こります。

ですから安易にサプリメントを使用するより、食事で不足する分サプリメントで補う事が望ましいといえます。

ビタミンには脂溶性ビタミン水溶性ビタミンがあり、それらは代謝方法が異なります。

 

Sponsored Links

 

(こんな記事も要チェック!!栄養補給のためにサプリメントを10種類以上飲んでますって健康なの?

 

水溶性ビタミンの種類

水溶性ビタミンにはどのような種類のものがあるのでしょうか。

その中でも肌荒れに効果のある水溶性ビタミンはどれなのか、そしてどんな食材に多く含まれているのか調べていきましょう。

水溶性ビタミンの種類別の肌に対する影響をピックアップしてみることにしましょう。

 

ビタミンB1

豚肉やレバー、米ぬかなどに多くふくまれています。皮膚粘膜を正常に保つため使われます。

今では日常生活で不足する事は少なくサプリメントなどで補う必要は特にはありません。

しかし、極端に悪い食生活の場合不足する事もあります。

ビタミンB2

ウナギ、レバー、卵、納豆、葉野菜などに多く含まれています。

主に皮膚や粘膜の代謝を正常に保つ働きがあります。

肌荒れに効果のあるビタミンだとよく知られていますね。

口角炎、口内炎などの改善に効果があります。熱に強いですが、水溶性の為水には溶け出しやすいです。

尿から排出される為、過剰摂取にはなりにくいビタミンです。

 

ビタミンB6

カツオやマグロなどの魚類に多く含まれています。レバーや肉類、バナナにも多く含まれています。

皮膚炎を予防する効果があります。水溶性ビタミンですので過剰摂取にはなりにくいビタミンです。

 

ナイアシン

肉類、レバー、魚などに多く含まれています。ビタミンB群の一種ですね。

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称です。

皮膚の粘膜を健やかに保つ働きをします。

不足すると、食欲が減退し、消化不良を起こしたり、皮膚疾患がでたりします。

さらに不足すると皮膚がうろこ状に剥がれるペラグラという症状になります。

しかし、現在ではそれほど不足する事はありません。

 

ビタミンB12

特に牡蠣などの魚介類に多く含まれています。

ビタミンB12は葉酸と協力し血中のヘモグロビン精製に力を発揮します。

一見、皮膚疾患には関係なさそうですが、そんな事はありません。ヘモグロビンは身体中に酸素を運ぶ働きをします。

それが滞ると貧血だけでなく肌荒れやくすみも引き起こします。

極端に悪い食生活をするとか、極度のベジタリアンでない限り不足する事はありません。

 

葉酸

ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

一番有名な効能は胎児の先天性障害のリスクを減らす事ですね。

その他様々な効能はありますが、肌に特化する働きは特に目立ってないのでこれくらいにしておきますね。

 

パントテン酸

パントテン酸は魚介類、肉類、納豆、卵などに多く含まれています。

コレステロールや、免疫細胞の抗体、ホルモンなどの合成に力を発揮します。皮膚や粘膜を健康に健やかに保つ働きもあります。

 

ビタミンC

柑橘類や芋類に多く含まれています。

抗酸化作用があり、シミやくすみを緩和します。

活性酸素から身体を守りストレスへの抵抗力を高めます。

鉄の吸収力を高める作用もあります。ビタミンCは細胞同士の間をつなぐコラーゲンの精製を助けます。

しかし、熱に弱く水に溶けやすいので出来るだけ生で摂取する事が望ましいでしょう。

 

(こんな記事も要チェック!!ビタミンCのサプリで風邪知らずっていうのは本当なの?

 

このように水溶性ビタミンのほとんどが日常的に摂取しやすく、排出しやすい為過剰摂取にはなりにくいです。しかし、サプリメントで摂取するとなると、過剰摂取が問題とされる場合もありますので気をつけましょう。

 

Sponsored Links

 

脂溶性ビタミンの種類

脂溶性ビタミンにはどのような種類のものがあるのでしょうか。

その中でも肌荒れに効果のある脂溶性ビタミンはどれなのか、そしてどんな食材に多く含まれているのでしょうか。

脂溶性ビタミンの種類別の肌に対する影響を調べていきましょう。

 

ビタミンA

ウナギやバター、卵、チーズなどに多く含まれています。

ビタミンAは発育促進、肌の健康維持などの役割を果たします。過剰摂取すると肝臓に貯蔵され肝障害などの副作用をおこしますので容量を守りましょう。

 

βカロテン

ビタミンAと同じような作用があります。緑黄色野菜に多く含まれています。βカロテンの過剰摂取は特に気にしなくても良いとされています。

 

ビタミンK

納豆に多く含まれています。骨粗しょう症の予防に使われるビタミンです。

 

ビタミンD

食べ物から摂取する以外にも日光に当たると身体で作られます。骨を強くします。

過剰摂取は高カルシウム血症や肝障害などを起こす可能性があり、気をつけなければいけません。

 

ビタミンE

ナッツ類に多く含まれており、アボカドやたらこなどにも多く含まれています。

抗酸化作用があり、年齢肌に効果のあるビタミンです。

 

 

このように脂溶性ビタミンは余剰分は肝臓に蓄積し、副作用を引き起こす可能性があるので、水溶性ビタミンより過剰摂取には気をつけなければいけません。

サプリメントで摂取する場合は特に気をつけましょう。

 

肌荒れにはビタミンまとめ

ビタミンの必要量は実は少量ですが、身体を健やかに保つ為欠かす事はできません。

食事で摂りきれないビタミンをサプリメントなどで補う場合、性質をきちんと知った上摂取するようにしましょう。

例えば、水溶性ビタミンは性質を考えると、少量ずつこまめに摂取する事が好ましいといえるでしょう。

そして、脂溶性ビタミンは油に溶けやすい性質を考え、脂質と一緒に摂取する事が好ましいといえます。

このような性質にあった摂取の仕方が効果を最大限にもらたしてくれます。

肌に直接関係ないと思われるビタミンもバランスよく摂取する事が美しい肌になる近道だといえるでしょう。

(こんな記事も要チェック!!本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

 

Sponsored Links

 

 - スキンケア , ,

  関連記事

肌荒れの薬
肌荒れを改善する薬とは?症状にあった薬を選ぼう!

  あなたは肌荒れをしたらまずどんな対処をしますか?高い化粧品に買い替 …

入浴剤
意外と知らない?お風呂上りの乾燥肌対策にもなる入浴剤の選び方

  乾燥肌対策、皆さんはどのようなことをしていますか?   …

肌荒れ治そう
肌荒れを治す方法 知ると知らぬじゃ大違い、今さら聞けない基礎知識

  肌荒れしてると心までどんよりテンション下がりますよね。 特に季節の …

乾燥肌に効く食べ物
絶対に要チェック!!乾燥肌の改善に役立つ食べ物、控えた方が良い食べ物はこれだ!

  お肌と食事というのはかなり関係が深いです。   わかりや …

化粧水
知っていますか?乾燥肌の人のための化粧水との付き合い方

  夏は紫外線やエアコン、冬もエアコンなどによる暖房や空気の乾燥などで …

乾燥肌を治す方法
目からうろこ!!日常生活から考える乾燥肌を治す方法

出来れば乾燥肌を治す方法はないかと悩んでいるのではいませんか。   肌 …

肌荒れの原因
肌荒れの原因も様々ですが、あなたはどれが当てはまる?

  肌荒れの原因、誰もが知りたい事ですよね。ですが、肌荒れの原因は1つ …

肌荒れに効くサプリ
本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

  世の中に健康食品やサプリメントが溢れかえる昨今です。肌荒れを改善す …

冬場の紫外線
要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

  夏は紫外線の量が多い為、肌のダメージを気にして日焼け対策、紫外線対 …

夏の日焼け対策
あなたは知ってますか?紫外線が強い夏の日焼け対策ポイント

  夏は日差しが強いと感じる事が多いですよね。 ちょっとうっかりしてい …