*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

そのまま放置は危険!日焼け後にしておきたいケアはこれ!

   

日焼けケア

 

長時間、外に出て日光を浴びていると日焼けをしてしまいます。

日焼け止めを塗っていたのに日焼けをしてしまったという事もありますし、長時間外にいたことにより日焼け対策を怠っていた耳や首後ろなど、思わぬ場所を日焼けしたという事もあるでしょう。

回はこの日焼けをしてしまった後にどのようにケアをするべきなのかをご紹介します

 

日焼けには2種類のタイプがあります

日焼け肌のやけどの一つとして扱われます。

日焼けは2種類あり、日光を浴びた事で肌が炎症を起こして赤くなっているサンバーンの状態、そして日焼けをしてから数日後、肌が黒くなるサンタンの状態です。

サンバーンの状態は日光を浴びて角化細胞でプロスタグランディンEが作られる事により血管が広がり肌が赤くなり肌が炎症を起こした状態になります。

通常、日光を浴びてから5時間ぐらいすると肌が赤くなり、1日経過したあたりで赤みが一番強くなります。
ひどい人は水ぶくれを伴うこともある位です。

サンタンはUVAが肌の奥に届くことでメラノサイトが活性化して活性酵素が作り出されます。

チロシナーゼ活性酵素とチロシンが結びつくことでメラニン色素が出来上がるために肌が褐色色、もしくは黒くなっていくのです。

肌が黒くなる事で紫外線が肌の奥に届きにくくなるので、日焼けはこれ以上肌が紫外線によるダメージが起きないようにと防衛している結果だということを理解しておくと良いでしょう。

 

日焼けをしたらすぐに冷やします

先ほどもご説明したように日焼けはやけどと同じ扱いになります。

そこでまず、日焼けにはすぐに冷やす事が大切です。

温度的に問題が無い様であれば水に近い水温でのシャワーや水風呂などを利用すると良いです。

ここでの注意点はお湯に近い温度では絶対に避けて下さい。

かえってやけどの状態がひどくなります。

もしくは濡れタオルを日焼けした箇所に当てておく方法で冷やして下さい。

この時、濡れタオルの間に保冷剤などを挟んで使うと良いです。

保冷剤は直接肌に当てると低温やけどの可能性も出てきますのでタオルで包んで使用して下さい。

他には破れにくい厚手のビニール袋に氷水を入れてもれないように輪ゴムなどでしっかりと綴じてから日焼けの場所に当てる方法も良いです。

この段階でもし痛みが強い、水ぶくれがひどいといった症状が出ている場合は自分でのケアをする事で逆効果になる事もあります。

必ず病院へ行くようにして下さい。

 

Sponsored Links

 

冷やした後の化粧水を使う場合の注意点

日焼け後の肌は乾燥しやすくなっています。

冷やした後に特に痛みを伴わない軽い日焼けの場合は刺激が少ない化粧水を選んでたっぷりとつけても良いです。

この時に注意したいのは化粧水の種類です。

美白化粧水は使わないようにして下さい。

一見、日焼け後に美白化粧水をつけるとちょうど良いように思うかもしれませんが、逆効果になります。
美白化粧水はビタミンCが配合されています。

ビタミンCは肌へのダメージがある人にとっては刺激が強い成分になるからです。

美白化粧水を使用してかえってヒリヒリ感が出てしまう事も多いので使わないようにして下さい。

赤みがある場合は化粧水をつけるには不向きな状態なので、赤みがひいてから化粧水をつけるようにします。

 

軟膏を利用します

冷やして痛みなどが落ち着いてきたら肌の乾燥を防ぐためにも軟膏を塗るようにした方が良いです。

オロナインH軟膏やパンパス軟膏のようにステロイド成分が入っていないやけど、日焼け後に向いている軟膏を選ぶか、薬局の薬剤師さんに相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。

 

日焼け後に痛みが落ち着いてから心がけた方が良い事

日焼けをしてからは体の水分は不足しがちなので水分を多めに取るようにして下さい。

日焼けによる痛みが落ち着いてからはたんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEなどを摂取できる食事を心がけます。

肉や魚、豆製品、貝類、野菜や果物、ナッツ類などを食べるようにすると摂取できます。

また、体のダメージ部分の修復を充分に行うためにも睡眠時間もたっぷりとるようにします。

 

Sponsored Links

 

日焼けしてからしばらく避けたい事

日焼け後に更なるダメージを与えると肌の修復を妨げる事になってしまいます。

よって避けたい事がいくつか出てきます。

まず更なる日焼けです。

しばらくは日焼けを避けるために長袖、長ズボンなど肌を隠すようにして下さい。

この時、日焼け止めなどは肌への刺激を与える可能性があるのでおすすめしません。

他にも石鹸やボディーソープで体を洗うことも避けて下さい。

こちらも肌へのダメージに影響してきます。

ぬるま湯などを使用して流す程度にして下さい。

ターンオーバーの都合で途中、皮がむけてくる状態になります。

むきたくなってしまうところですが、肌の修復を邪魔することにもなりますのでいじらないようにして下さい。

皮がむけてきた場合の対処法として保湿をおすすめします。

肌に負担のかからないホホバオイル、もしくはワセリンを使用して肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

一度日焼けをしてしまうと元の肌の状態に戻るまで日にちがかかってしまいます。

その時のケアとしてまず冷やす、ひどい場合は病院へ行くその後は保湿をするという方法で対応して下さい。

(こんな記事も要チェック!!要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

(こんな記事も要チェック!!あなたは知ってますか?紫外線が強い夏の日焼け対策ポイント

 

Sponsored Links

 - スキンケア ,

  関連記事

日焼け止めおすすめ
もう迷わない!タイプ別、おすすめしたい日焼け止めはこれ!

  日焼け対策をする時に手軽に使用出来るのが日焼け止めです。 ただ、販 …

乾燥肌を治す方法
目からうろこ!!日常生活から考える乾燥肌を治す方法

出来れば乾燥肌を治す方法はないかと悩んでいるのではいませんか。   肌 …

スキンケア
大丈夫ですか?気になった時がスキンケアの見直し時です。

  「肌の曲がり角は25歳」なんて言われてきましたが、実はもっと早くて …

肌荒れに効くサプリ
本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

  世の中に健康食品やサプリメントが溢れかえる昨今です。肌荒れを改善す …

肌荒れ治そう
肌荒れを治す方法 知ると知らぬじゃ大違い、今さら聞けない基礎知識

  肌荒れしてると心までどんよりテンション下がりますよね。 特に季節の …

スキンケア
あなたはスキンケアの効果を実感できていますか?

  「透明感のある肌になりたい」 「シミやシワと無縁の肌になりたい」 …

肌年齢
あなたの肌年齢はいくつか知っていますか?

  日頃から肌トラブルで悩んでいる女性はたくさんいますが、若いのに「老 …

入浴剤
意外と知らない?お風呂上りの乾燥肌対策にもなる入浴剤の選び方

  乾燥肌対策、皆さんはどのようなことをしていますか?   …

乾燥肌に効く食べ物
絶対に要チェック!!乾燥肌の改善に役立つ食べ物、控えた方が良い食べ物はこれだ!

  お肌と食事というのはかなり関係が深いです。   わかりや …

肌荒れとビタミン
肌荒れにはビタミン。ビタミンの徹底考察!

  肌荒れにはビタミンB群。皆さんこのイメージが強いと思います。 でも …