*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

あなたは知ってますか?紫外線が強い夏の日焼け対策ポイント

   

夏の日焼け対策

 

夏は日差しが強いと感じる事が多いですよね。

ちょっとうっかりしていると日焼けをしてしまうので、しっかりと日焼け対策をする必要があります。

日差しには紫外線が含まれており、この紫外線が日焼けを起こしているのです。

夏の紫外線の量は冬に比べると倍とも言われていますので、夏の時期に紫外線対策を行うことでシミやシワなどの肌トラブルを避ける事もできます。

日焼け対策イコール紫外線対策として考えておきましょう。

 

紫外線には2種類あります

一言に紫外線といってもUVAUVBがありますが、肌が赤くなるサンバーンの元といわれているのはUVBの方です。

全体的な割合は5%しかないといわれていますが、かなり強く、肌の細胞へのダメージや、肌の炎症の元ともなります

一方、残りの95%のUVAも肌の奥の細胞にダメージを与えますし、肌が黒くなるメラニン色素が増える原因にもなる事がわかっていますのでどちらにせよ紫外線は長時間浴びすぎない方が良いと考えます。

ただ、完全に紫外線は悪者と考えない方が良いです。

骨を作り出すビタミンDの合成に役立ちますので5分ほど浴びるのは有効だという考えもあります。

 

Sponsored Links

日焼け止めのSPFは高いほうが良いの?

日焼けを避ける、紫外線を避けるといった目的で利用したいのは日焼け止めです。

既にお持ちの方もいらっしゃると思いますが、1種類だけ持っているという場合が多いと思います。

中には「一番効果がありそうだから」とい理由からSPF50のものを1種類という方もいます。

SPFは日焼けを起こすUVBの防止に対しての効果です。

SPFが高いものほど効果がありそうと思ってしまいますが、紫外線が肌に与えるダメージの時間を遅らせるという感覚で使用します。

SPFが高い分、効果が持続している時間は長いと考える事が出来ますが、汗で流れてしまうと効果はなくなってしまいますし、SPFが高い日焼け止めは紫外線吸収剤が含まれている事が多いです。

SPFが高い日焼け止めは長時間、外に出ている時やスポーツ、レジャー時に使用して普段のお出かけの時にはSPF30ぐらいの低いもので充分です。

ですが、どちらも一定時間の感覚で塗りなおしをするようにしたほうがより日焼け対策が出来ますので、塗りなおしはするようにして下さい。

 

PA値は高いほうが良い

日焼け止めを購入する際にSPF値に注目してしまいがちですが、同時にPA値もチェックするようにして下さい。

PA値は+から最近では++++まであります。

PA値はUVAに対する防止効果があります。

よってPA値が高い(より+が多い)日焼け止めを選ぶ基準にしてみて下さい。

 

ただ日焼け止めを塗っていませんか

日焼け止めをなんとなく塗っただけという状態だと塗りムラが出やすいです。

またお肌の乾燥が気になる人も多いので、日焼け止めを塗る際には2回塗るようにします。

1回目には手で乳液を少し混ぜてから塗るようにします。

こうすることで伸びも良くなり、肌の乾燥予防にもなります。

2回目は日焼け止めだけで塗って塗りムラを防止していきましょう。

 

Sponsored Links

 

日焼け止め以外の日焼け対策も有効

日焼け対策は日焼け止めだけという人でも実際に日焼けをしてしまったという人もいると思います。

夏の日差しはそれだけ強いのです。

そこで他の日焼け対策もプラスしてみて下さい。

おすすめは日傘帽子です。

これらのアイテムで直射日光の9割以上は遮る事が出来ます。

また、肌自体が弱くて日焼け止めが合わないという人はこの方法で日焼け対策をします。

他にも腕などは日光が当たりやすいのでUV効果のあるアームカバーなどを使用するとより日焼けを防ぐ事が出来ます。

 

目も日焼けに関係があります

目は直接紫外線を浴びる場所です。

日焼けと関係ないと思いがちですが、紫外線によるダメージがあるとメラニン色素を作ったほうが良いといった判断を脳がしてしまうために日焼けの原因に関係しているのです。

選ぶ際にはUV効果があるもの、そして暗いものよりも明るい透明に近いものを選ぶと瞳孔の開きが小さくなり紫外線の取り込み率も少なくなります。

目はUVカット効果のあるサングラスをする事でダメージを防ぐ事が出来ます。

 

夏に食べたい!日焼け対策になる食べ物

夏の旬といえばトマトがあります。

トマトはリコピンが豊富です。

トマトのリコピンは抗酸化力が強いので肌のダメージが多くなる夏に積極的に食べるようにしたほうが良いです。

生よりは加熱した水煮缶やトマトジュースにオイルを加えて調理したほうがリコピンの吸収率が良くなりますのでパスタやスープなどにすると良いでしょう。

他には年中手に入るバナナなども抗酸化力が高いので食べるようにします。

また、肌の代謝時に消費するビタミンB2やB6も多く含まれていますので美容目的で食べるようにしたいですね。

また、肌に良いアントシアニンとビタミンCが豊富なアセロラジュースも有効です。

 

日焼けの程度は人それぞれ

人間の体質によって日焼けする程度は違います。

低いSPFの日焼け止めを使用したとしても10分で日焼けする人もいれば30分ぐらい問題ないという人もいるといった具合に違いがあるのです。

自分の日焼けの程度を把握して自分に合った日焼け対策をするようにして下さい。

 

(こんな記事も要チェック!!要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

Sponsored Links

 - スキンケア , , ,

  関連記事

肌荒れの薬
肌荒れを改善する薬とは?症状にあった薬を選ぼう!

  あなたは肌荒れをしたらまずどんな対処をしますか?高い化粧品に買い替 …

脂性肌
あなたもオイリー肌を誤解していませんか?日中の肌対策でテカリとさよなら!

  美肌には皮脂が大切ですと、「あなたの肌年齢はいくつか知っていますか …

乾燥肌を治す方法
目からうろこ!!日常生活から考える乾燥肌を治す方法

出来れば乾燥肌を治す方法はないかと悩んでいるのではいませんか。   肌 …

肌荒れ治そう
肌荒れを治す方法 知ると知らぬじゃ大違い、今さら聞けない基礎知識

  肌荒れしてると心までどんよりテンション下がりますよね。 特に季節の …

肌荒れの原因
肌荒れの原因も様々ですが、あなたはどれが当てはまる?

  肌荒れの原因、誰もが知りたい事ですよね。ですが、肌荒れの原因は1つ …

洗顔
そのクレンジング大丈夫?乾燥肌の原因になっていたかもしれない洗顔はもう卒業!

  乾燥肌になると肌のつっぱりだけではなく、かさつき、毛穴が目立つなど …

日焼けケア
そのまま放置は危険!日焼け後にしておきたいケアはこれ!

  長時間、外に出て日光を浴びていると日焼けをしてしまいます。 日焼け …

肌荒れに効くサプリ
本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

  世の中に健康食品やサプリメントが溢れかえる昨今です。肌荒れを改善す …

肌荒れとビタミン
肌荒れにはビタミン。ビタミンの徹底考察!

  肌荒れにはビタミンB群。皆さんこのイメージが強いと思います。 でも …

冬場の紫外線
要チェック、あなたは大丈夫?冬場の油断しがちな日焼け対策!

  夏は紫外線の量が多い為、肌のダメージを気にして日焼け対策、紫外線対 …