*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

意外と知らない?お風呂上りの乾燥肌対策にもなる入浴剤の選び方

   

入浴剤

 

乾燥肌対策、皆さんはどのようなことをしていますか?

 

保湿力のあるスキンケア商品を選んだり、こすったり洗い過ぎないという対策も必要ですが、入浴時にもう1つ、注目してほしいことがあります。

 

それは入浴剤です。

 

入浴剤なんてどれも同じという感覚で何気なく入浴剤を使用しているという人もいるかもしれません。

 

入浴剤は乾燥肌対策の1つとして活用できます。

 

特に冬に乾燥が原因によるかゆみなどで悩んでいる人は症状改善も期待できます。

 

入浴剤には色々なタイプがある

無機塩系

体も温まる効果もあり、使用することでお湯が柔らかい感じになります。

一般的な入浴剤はこのタイプに当てはまります。

炭酸ガス系

炭酸ガスの効果により疲労回復、血行促進効果があり、代謝が良くなり体が温まりやすいです。

温泉系

温泉成分が入っている入浴剤です

保湿系

保湿成分を配合しています

その他

漢方、薬用植物を使用したものや、酵素などを配合した入浴剤です。

入浴剤には色々な種類がある事がわかります。

 

 

肌の潤いをサポートする成分が入ったものを

最近の入浴剤は「保湿成分入り」「うるおい成分入り」といった保湿効果がある入浴剤が出てきています。

 

お風呂上りが一番、肌が乾燥しやすい状況になりますので、保湿力のある入浴剤を使うことで乾燥を防げます。

 

入浴剤で保湿成分として使用されているのはセラミドやコラーゲンスクワランホホバオイルオリーブオイル米発酵エキスグリセリンハチミツ海草エキスミルクプロテインローヤルゼリーシアバターカミツレエキスなどがあります。

 

これらの保湿成分はほんの一例です。

 

合成の成分などの保湿入浴剤もありますが、理想としては自然成分などを使用した保湿成分入りの入浴剤だと安心できます。

 

なるべく無添加成分を使用している入浴剤だと肌への負担も少ないです。

 

他には硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなどの成分が配合されているものは血行を良くする働きがあるために乾燥肌の改善につながるのでお勧めです

 

Sponsored Links

 

避けたほうが良い成分

入浴剤の成分を確認してみた時に合成界面活性剤が配合されている商品もあります。

 

界面活性剤はスキンケア商品に色々と配合されている成分ですが、肌の保護している働きを壊してしまう恐れああるため、これらの成分が入っていない入浴剤を選ぶようにしたほうが良いでしょう

 

また、香料や着色料も出来れば避けたほうが良いので無香料、無着色の入浴剤を使用したほうが良いです。

 

 

一見、肌に良さそうですが気をつけたほうが良い成分も

温泉気分を味わえるということで硫黄成分が入った入浴剤を使用する人もいます。

温泉イコール美肌というイメージもありますが、硫黄が入っている場合、逆に肌が乾燥してしまう事もありますので、乾燥肌対策ではあまり向いていない成分になります。

 

(こんな記事も要チェック!!:そのクレンジング大丈夫?乾燥肌の原因になっていたかもしれない洗顔はもう卒業!

 

 

入浴時に同時に気をつけておきたい事

入浴剤を使用していてもお湯の温度が高いと皮脂が奪われやすく更に乾燥肌になりやすくなるので注意します。

目安は38度前後で長風呂も同じ理由で避けるようにしたほうが良いです。

 

もし普段から熱めの温度が好みだという場合でも42度ぐらいになると肌の細胞間脂質のセラミドが出て行ってしまう可能性もあります。

 

40度を超えないように温度の確認はしたほうが良いでしょう。

 

また、体などを洗う際にもこすり過ぎないようにして肌の保護機能を維持できるようにして下さい。

 

最近はゴシゴシ擦らないで洗うようにしたほうが良いというのを聞いた事はあると思います。

 

タオルなどを使わずに手にボディーソープをつけて手で洗う程度でも汚れは落ちますので、乾燥肌の人は一度お試し下さい。

Sponsored Links

入浴剤を使用した際に注意したいこと

乾燥肌対策として保湿成分入りの入浴剤を使用した場合、お風呂から上がる時のシャワーなどは控えてそのまま出るようにしたほうが良いです。

保湿成分を流さないように心がけることで乾燥肌対策に役立ちます。

また、入浴剤の製品によって保湿成分が浴槽に残りやすい商品もありますので掃除の際には注意して下さい。

 

 

入浴剤だけで保湿効果は充分か?

保湿効果のある入浴剤の使用だけで完全に乾燥を防ぐことは出来ません。

 

お風呂に入った事で肌の角質層などが柔らかくなっている状態です。

 

その状態の時に美容液などで肌に届けたい成分があるようであれば浸透しやすいので有効です。

 

ただ角質層が柔らかくなっている上に体などを洗って肌を守っていた皮脂なども流されてしまっている状態です。

 

つまりその分肌の水分も失う可能性があり、特にケアをしない状態で水分が出て行ってしまうと乾燥肌になるのです。

 

入浴後は乾燥を防ぐためにしっかりと体にボディーローションやミルク、クリーム、オイルなどを塗り肌の乾燥を防ぐように心がけて下さい。

 

入浴後の肌はどんどん乾燥していので乾燥を防ぐ為の保湿ケアは5分から10分位を目安にしてそれ以上時間がかからないようにしたほうが良いです。

 

手早いケアを行うと入浴剤との相乗効果でよりしっとりとした肌に仕上がります。

Sponsored Links

 

 - スキンケア ,

  関連記事

肌荒れとビタミン
肌荒れにはビタミン。ビタミンの徹底考察!

  肌荒れにはビタミンB群。皆さんこのイメージが強いと思います。 でも …

スキンケア
大丈夫ですか?気になった時がスキンケアの見直し時です。

  「肌の曲がり角は25歳」なんて言われてきましたが、実はもっと早くて …

化粧水
知っていますか?乾燥肌の人のための化粧水との付き合い方

  夏は紫外線やエアコン、冬もエアコンなどによる暖房や空気の乾燥などで …

肌荒れに効くサプリ
本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

  世の中に健康食品やサプリメントが溢れかえる昨今です。肌荒れを改善す …

肌荒れの原因
肌荒れの原因も様々ですが、あなたはどれが当てはまる?

  肌荒れの原因、誰もが知りたい事ですよね。ですが、肌荒れの原因は1つ …

必見!!赤ちゃんでも安心して使える日焼け止めのポイント7つ

  赤ちゃんが生まれて毎日子育て生活が充実している中、たまにはお外への …

肌年齢
あなたの肌年齢はいくつか知っていますか?

  日頃から肌トラブルで悩んでいる女性はたくさんいますが、若いのに「老 …

乾燥肌に効く食べ物
絶対に要チェック!!乾燥肌の改善に役立つ食べ物、控えた方が良い食べ物はこれだ!

  お肌と食事というのはかなり関係が深いです。   わかりや …

日焼けケア
そのまま放置は危険!日焼け後にしておきたいケアはこれ!

  長時間、外に出て日光を浴びていると日焼けをしてしまいます。 日焼け …

スキンケア
あなたはスキンケアの効果を実感できていますか?

  「透明感のある肌になりたい」 「シミやシワと無縁の肌になりたい」 …