*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

知っていますか?乾燥肌の人のための化粧水との付き合い方

      2015/10/07

化粧水

 

夏は紫外線やエアコン、冬もエアコンなどによる暖房や空気の乾燥などで一年中、お肌は乾燥しやすい状況です。

 

気がついたら肌がカサカサしている状態だったという事もあると思います。

 

この乾燥肌を改善しようとして一生懸命、乳液や美容液を使用したりオイルやクリームなどで保湿に努めている人もいるのではないでしょうか。

 

ですがこのお肌の保湿のためには化粧水から気を使うようにしたほうが乾燥肌の改善につながります。

 

なぜ乾燥肌になるのか

通常の問題のない肌は皮脂膜の状態も良く、角質も荒れていない状態なので紫外線からも肌を守ったり、水分が失われないようなバリア機能を果たしています。

 

中でも皮脂膜や、MMFと呼ばれるアミノ酸などの天然保湿因子、セラミドなどの細胞間脂質が肌の水分を守ってくれているのです。 

 

ところが

  • ダイエットや好き嫌いなどのバランスの悪い食生活
  • 睡眠不足などの生活習慣の乱れやストレス
  • エアコンなどの生活環境

これらが原因で皮脂膜、角質などが荒れた状態になり肌の保湿状態のバランスが崩れ乾燥肌になっていってしますのです。

 

スキンケアが原因で乾燥している事も

先に説明したように生活環境、生活習慣などが原因で乾燥肌を作っている可能性もあるのですが、意外に多いのが普段使用している化粧水が合っていなかったという原因です。

 

一例としてはオーガニック化粧水植物由来成分使用などの商品は一見、肌に優しそうなイメージがあるのですが、個人差により肌に刺激を与えている結果になることもあります。

 


実はこれらの表記に関しては特に規制がないために良さそうだと思い使用して肌に合わない結果になっている場合もあるのです。

 

他にも安価な化粧水を使用して合わない成分が肌に刺激を与え知らないうちに乾燥肌、そして敏感肌になりつつある例もあります。

 

なんとなく合わないなと思った場合はすぐに化粧水の見直しをしたほうが良いでしょう。

 

Sponsored Links

 

オイリー肌と思っていても実は乾燥肌かもしれません

乾燥肌というとカサカサした肌というイメージが大きく、皮脂の分泌が多いと感じている人にとっては乾燥肌とは関係ないと感じているかもしれません。

 

ですが、隠れ乾燥肌という状態もあります。 肌が乾燥する事で更なる乾燥を防ごうとして脂分を必要以上に分泌させるために、皮脂が多い肌になるのです。

 

この場合、化粧水などでしっかりと肌への水分を補うことで皮脂量も改善出来るようになります。

 

なのでオイリー肌だから化粧水や保湿はしていないという人が多いので、しっかりと保湿するようにしましょう。  

 

(こんな記事も要チェック!!:そのクレンジング大丈夫?乾燥肌の原因になっていたかもしれない洗顔はもう卒業!

 

化粧水を選ぶ時は成分に注目

化粧水というと肌に水分補給をしている感覚で使用している方も多いと思います。

 

確かに水分を補う役割もありますが、化粧水に含まれる成分も一緒に補えると考えて肌造りにとって有効な成分を含んだ化粧水を選ぶと良いでしょう。

 

注目したい成分をご紹介しますので購入時の参考にしてみて下さい。

 

ヒアルロン酸

ゼラチン状のため600倍ほどの保水力を抱えることができ、肌の真皮層にある成分です

 

コラーゲン

元々真皮にある成分ですが、化粧水の場合、奥には浸透しません。 ですが、保湿能力は高いので肌の表面の保湿目的で使用されています。

 

PG (プロピレングリコール),BG(ブチレングリコール)

水分となじみやすいので保湿効果がある、少量使用する分には肌への刺激は少ないです。

 

グリセリン

無色で無臭、保湿効果が得られるためによく使用されています。

 

NMF( 天然保湿因子)アミノ酸や尿素、PCAなど

水溶性の成分で水分を抱え込む役割もあるので保湿目的で使用されています。

 

ヘパリン類似物質

皮膚科などではヒルドイドとして処方されています。

保湿力とお肌の保護機能をサポートする働きがあるので昔から保湿剤として使用されています。

 

 

これらの成分は水溶性で化粧水と一緒に肌になじみやすい成分なので、乾燥肌改善目的の化粧水として利用出来る成分になります。

 

Sponsored Links

 

乾燥肌の保湿などで注目されているあの成分は?

乾燥肌に悩んでいる人にとって気になる成分の一つとなっているのがセラミドです。

 

セラミドは細胞間脂質の中に存在している成分で水分の保湿力がとても高いです。

 

セラミドが失われると肌の乾燥がひどくなるとも考えられています。

 

よってセラミドをはじめとした細胞間脂質は欠かせない分、スキンケアの選び方がポイントになります。

 

化粧水などでセラミドを補ったほうが良いと思うかもしれませんが、セラミド自体が水溶性ではありません。

 

セラミドの効果を期待する場合は化粧水を選ぶよりも油分が配合されている乳液、美容液、保湿クリームを選ぶようにしたほうがなじみやすくなりますので乾燥肌対策には良いでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体は有効か

化粧水などにビタミンC誘導体が配合されている商品もあります。

 

ビタミンC誘導体は肌に良いといわれているビタミンCのバランスを損ねないよう作られた人工成分です。

 

肌に入り込んでからビタミンCに変わるため美白効果があるとして有名です。 他にも肌の代謝をサポートし、抗酸化作用があることも知られています。

 

ただ、肌にとってはやや強い成分のビタミンC誘導体もあるので、乾燥肌、敏感肌の人は事前にパッチテストなどで確認をしてから使用するようにしたほうが良いです。

 

 

普段から化粧水で保湿を

乾燥肌を放置してしまう人は多いのですが、さらに乾燥肌がひどくなることでオイリー肌の隠れ乾燥肌の人はニキビやできもの、カサカサタイプの乾燥肌の人は敏感肌などの肌トラブルにつながっていきます。

 

なので改善させるためにもしっかりと化粧水で水分や保湿成分を補給して乳液、美容液、クリームなどで保湿をするように心がけて下さい。

 

保湿出来ることで健康的な美しい肌につながっていきます。

 

Sponsored Links

 - スキンケア ,

  関連記事

スキンケア
あなたはスキンケアの効果を実感できていますか?

  「透明感のある肌になりたい」 「シミやシワと無縁の肌になりたい」 …

肌荒れに効くサプリ
本当に肌荒れ改善に必要な成分は?必要成分を知ってサプリメントを選べ!!

  世の中に健康食品やサプリメントが溢れかえる昨今です。肌荒れを改善す …

肌荒れの薬
肌荒れを改善する薬とは?症状にあった薬を選ぼう!

  あなたは肌荒れをしたらまずどんな対処をしますか?高い化粧品に買い替 …

肌年齢
あなたの肌年齢はいくつか知っていますか?

  日頃から肌トラブルで悩んでいる女性はたくさんいますが、若いのに「老 …

脂性肌
あなたもオイリー肌を誤解していませんか?日中の肌対策でテカリとさよなら!

  美肌には皮脂が大切ですと、「あなたの肌年齢はいくつか知っていますか …

乾燥肌に効く食べ物
絶対に要チェック!!乾燥肌の改善に役立つ食べ物、控えた方が良い食べ物はこれだ!

  お肌と食事というのはかなり関係が深いです。   わかりや …

入浴剤
意外と知らない?お風呂上りの乾燥肌対策にもなる入浴剤の選び方

  乾燥肌対策、皆さんはどのようなことをしていますか?   …

洗顔
そのクレンジング大丈夫?乾燥肌の原因になっていたかもしれない洗顔はもう卒業!

  乾燥肌になると肌のつっぱりだけではなく、かさつき、毛穴が目立つなど …

乾燥肌を治す方法
目からうろこ!!日常生活から考える乾燥肌を治す方法

出来れば乾燥肌を治す方法はないかと悩んでいるのではいませんか。   肌 …

スキンケア
大丈夫ですか?気になった時がスキンケアの見直し時です。

  「肌の曲がり角は25歳」なんて言われてきましたが、実はもっと早くて …