*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

私に合った薬はどれ?冷え性に効果のある漢方のベストな入手法

   

冷え性と漢方

普段から冷え性を実感されているという方はどのような対策をしていますか?

  • 靴下を履く
  • 冷えないようにお腹周りを暖める
  • お風呂の入り方を工夫してみる

といった事を実践している人もいると思います。

このような効果をよりアップさせるサポートとして漢方を利用してみてはどうでしょうか。

普段、漢方なんて使わないからどうなの?と思ってしまいますが、薬よりも効き目が穏やかなので試してみる価値はあると思います。

漢方薬の入手方法は3つほどありますので検討してみて下さいね。

 

冷えにもいろいろな種類がある

その前に漢方について、大まかに把握しておきましょう。

東洋医学ではすでにお馴染みになっている漢方って「冷えにはこの漢方薬」という方法で決めるのではないんです。

「この人は○○な体質だからその体質に合わせた漢方薬はこれ」といった具合にその人の体質に合わせた漢方薬を選ぶようにしているんです。

例えば普段から風邪をひきやすく体温も低めといった人の場合は虚弱体質気味なので適している漢方薬を選ぶ。

一方、ストレスなどで緊張する事で手足が冷えやすくなったりする緊張型の人にはまた別の漢方が適しているというように分ける場合もあります。
 

Sponsored Links

 

医療機関から処方してもらう

冷えからくる漢方を処方してほしい時にまずおすすめなのが病院で相談して漢方薬を処方してもらう方法です。

最近では「漢方外来」といった専門的な科もありますので、調べてみてお近くにあるようでしたら是非、漢方外来を利用してみてください。

うちは漢方外来がないから何科に行けばいいの?と迷った場合、内科や婦人科などを受診してみてください。

もし心配な場合は事前に漢方の処方などが可能か事前に問い合わせてみても良いですね。

実際に漢方を処方してもらう際に一応確認しておきたいのが「その漢方薬は保険が利くか」という点です。

処方する漢方薬によっては保険が適用されるものもありますし、適用外ということで自費での負担になる場合もあります。

なので一応、事前に確認はしてみてください。

もし保険が適用される漢方薬の場合は比較的安く処方してもらえますので病院を利用する一つのメリットともなります。

 

漢方薬局を利用する

自分が住んでいる街に漢方薬局があるという場合は利用してみても良いです。

漢方薬局の場合は漢方を専門とした薬剤師さんがいます。

体質を判断してその人に合わせた漢方を調合してくれるといったメリットがあるんです。

ただ、同時にデメリットもあり、保険適用がされていないために若干、お金はかかる可能性があります。

もし値段が心配な場合は調合前に確認してからお願いするようにしましょう。
 

Sponsored Links

 

手軽に利用するなら市販の漢方を利用

病院に行くと時間がかかるし、漢方薬局に行くと効果はありそうだけど金額が高そう・・・

そういった心配がある人はまずお試しという感覚で市販の漢方薬を利用するのもありです。

ドラッグストアなどでツムラの漢方薬とか見かけますよね。

お値段もお手ごろなので既に購入して服用している人もいると思います。

確率は少ないですが、ドラッグストアの中の薬剤師さんの中には漢方に詳しい人もいます。

そのような薬剤師さんがいる場合は相談して選んでもらったほうが無難です。

なので薬剤師さんに相談できない場合、自分で選ぶ事になります。

  • 手足が冷えているのに顔はほてっているような感覚 … 桂枝茯苓丸
  • 頭や手、腰の辺りの冷えが気になる、夜のトイレの回数が多い … 八味地黄丸
  • 手先の冷えがひどい、下半身が芯から冷える感覚、顔色も悪い … 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  • 体がだるい、腰痛もある、冷えて下半身がむくみがち … 桂枝加苓朮附湯

これらはほんの一部をご紹介しましたが、このように同じ冷えでも他の症状などを参考にしてみると適している漢方薬に違いが出るということがわかりますよね。

なので、自分で適当に冷えに良いという漢方を選んで飲んでみた場合、体質に合っていれば徐々に効果を感じる事ができますが、合っていない場合は思うように効果が実感できない事もあるのです。

市販薬を利用する場合はこの点がデメリットとなります。

 

漢方薬を服用する際に知っておきたい事

通常、病院の薬を飲みなれている人にとって薬はすぐに効果があるものと思ってしまいますよね。

なので同じ感覚で期待しつつ漢方に頼ってしまう人もいるようです。

漢方薬は自然の生薬を使っていますので効き目が穏やかです。

そして、効果を実感するまでに時間がかかる事を事前に知っておきましょう。

そしてもう一つ注意しておきたいことがあります。

よく「漢方は生薬だから副作用もないし安心」と思っている人がいますけど、これは違います。

体質に合わない漢方を飲むことで人によっては副作用が出る事もありますし、飲みすぎてもいけません。

また、2種類ぐらい違う漢方薬を合わせて飲んだところ副作用が確認されたという例もあります。

よって、用法、用量はしっかりと守り、服用後におかしいと感じる事があったら処方してくれた薬局などに相談をして下さい。

後、漢方薬を飲む時には水よりもぬるま湯を使って飲んだほうが良いです。

湯冷ましを利用しても良いですね。

これらの事を踏まえて体の内側から徐々に冷え性を改善してみてください。

 

Sponsored Links

 

 - 健康 ,

  関連記事

ストレス解消
手軽に実践!!手軽に出来る!ストレス解消法あれこれ

  ストレスはどんどんためこんでいくもので慢性化すると良くないといわれ …

ストレスで病気に
原因はこれだった!?ストレスのせいで病気になることも

  現代社会はストレスが多いです。 特に生活基盤に関係してくる家庭内、 …

冷え性を改善する対策を練る女性
私にぴったりの方法はどれ?簡単に出来る冷え性の改善方法

  自分が冷え性かもしれない!そう思った時に何からしたら良いのかわから …

冷え性の症状
こんな症状も!?結構知られていない冷え性の症状

  冷え性というと手足などの末端が冷えるというイメージがありませんか? …

冷え性に効く食べ物
今年こそは何とかしたい!冷え性の人は食べ物の選び方に注意!

体が冷え性になると色々な症状が出てきてつらいんですよね。 もし自分が冷え性だとわ …

これでストレス解消
どうせ食べるならこれ!ストレス解消につながる食べ物

  今、私たちの生活は我慢したり、嫌に思う事があるなどストレスが多い社 …

便秘の原因
便秘を解決するには、まずは敵を知ろう。便秘の原因って何?

  「便秘」この言葉を聞くだけで、憂鬱になる人も多いと思います。 便秘 …

冷え性
冷えが治らない!意外に見落としがちな冷え性の元となる原因6つはこれ!

  完全に病気ではないけれど何となく体調が優れない、そんなことあります …

便秘解消
料理下手でも安心必見。快適な朝を取り戻す、便秘解消できる食べ物はこれだ!

  便秘って言葉を知らない人は少ないと思います。 ですが、どれだけ辛い …

ダイエットでストレス
痩せにくいと思っている人必見、ストレスとダイエットの意外な関係

  体重が増えてきた、余分な脂肪が気になるようになってきた、好きな人が …