*

ヘルシーマニア

毎日が楽しく健康でいられる情報をお届けします

怖い?怖くない?知ってますか?便秘薬の選び方と副作用

   

便秘薬

 

便秘、この言葉を聞くだけで、憂鬱になる人も多いと思います。

便秘というと若い女性のイメージがありますが、実は多くの方が悩まされています。小さなお子様から、今は年配の方も便秘に悩まされています。

便秘って本当に気分が落ちてしまいますよね、便秘が原因で肌があれたり、お腹が張って仕事やデートに集中出来なかったり、ゆっくりと眠れなくて疲れが取れなかったり、本当に嫌な症状だと思います。

そんな皆様の強い味方が便秘薬であり、一度は使った事がある方も多いと思いますが、便秘薬の副作用はご存知ですか?逆に便秘の不快感はあるが、副作用が怖くて便秘薬を使った事がないという方は、いませんでしょうか?

今日は、便秘薬の選び方と副作用を、しっかりと覚えて安全安心に便秘薬を使っていきましょう。

 

Sponsored Links

 

(こんな記事も要チェック!!漢方薬って副作用もなくって安全なの?

 

ステップ1 まずは、便秘のタイプを知る。

便秘といっても実は色々なタイプがあるのです、タイプによって使う便秘薬も変わりますので、それをまず説明致します。見分けたで該当するものが多いタイプを選んで下さい。

①弛緩性タイプの便秘

大腸の動きが弱く、便の水分吸収されすぎて起こる便秘。

見分け方

  • お腹にハリがある
  • オナラや便が異常に臭い
  • 硬い便が多い
  • 野菜や発酵食品が嫌い
  • 太く少量のウンチがでる

②直腸性タイプの便秘

トイレを我慢しているうちに直腸の働きが鈍くなり便が、たまりがちになる便秘

見分け方

  • 便意がずっとない
  • 肛門に痛みがある
  • 残便感がある
  • 腹筋運動が苦手
  • 硬くて短いウンチがでる
  • 歳をとってから急に便秘になることが増えた

③けいれん性タイプ

精神的ストレスや過労が原因で、排便リズムが狂っておこる便秘

見分け方

  • 朝食をとらない
  • 睡眠不足
  • 冷え性
  • ホルモンバランスの乱れ
  • コロコロ小さいウンチがでる

 

と、大きく分けると三つのタイプに分かれます。

どの選び方にも該当する項目がある人は、複合型の可能性もあります。

ストレスや生活習慣の乱れから、腸内環境が悪くなり、腸のぜん動運動不全を起こしてしまったり、腸が動かなくなる事で排便感が鈍くなる事もあるからです。

 

 

ステップ2 自分に合う薬を選ぶ

自分のタイプに近いものを見つけることで、選ぶお薬も変わります。

薬の副作用で一番怖いのは、誤まった薬を使うことが一番怖いので、しっかりと覚えて下さい。

テレビCMのイメージや、周りの方から勧められた声だけで、お薬を選ぶのは副作用の発生の原因となります。

便秘薬には大きく分けて4つのタイプがあり各々の特徴をまとめました。(薬の効果の強さを☆の数で表しています。)

①膨潤性(食物繊維と同じ効果がある)

適した便秘のタイプ:弛緩性、直腸性、けいれん性
作用の強さ    :☆
有名な成分    :カルボキシメチルセルロース、ナトリウム、プランタゴオバタ種皮

②塩類(腸管の水分吸収を抑え、便を柔らかくする効果がある)

適した便秘のタイプ:弛緩性、直腸性、けいれん性
作用の強さ    :☆☆
有名な成分    :重質酸マグネシウム、硫酸ナトリウム

③浸潤性(界面活性作用で、便に水分を含ませて便を軟らかくする)

適した便秘のタイプ:けいれん性
作用の強さ    :☆☆☆
有名な成分    :DSS(ジオチクルソジウムスルホサクシネート)

④刺激性(腸のぜん動運動を促進し、排便反射に刺激を与える。結腸内での便の水分吸収抑制)

適した便秘のタイプ:弛緩性、直腸性
作用の強さ    :☆☆☆☆
有名な成分    :ビサコジル、センナ、センノシド、アロエ、ダイオウ

Sponsored Links

 

 

ステップ3 薬の副作用を知る

では、便秘薬の副作用をお話します。薬の効果と副作用の発生は、比例します。

つまり、便秘薬の副作用の中で一番注意をしないといけないタイプが、刺激性の便秘薬です。

刺激性の便秘薬は即効性と効果にすぐれ、便秘の不快感を解消しやすいですが、副作用も発生しやすいです。

  1. 効果が強すぎて腹痛を起こすことがある
  2. 作用は強いが身体が刺激になれてしまい、習慣性が起きる事がある。
  3. 長期に連用すると、腸管粘膜に炎症が起こり、栄養の吸収を阻害する事がある。
  4. 骨盤内充血を起こす事もあるので、妊娠中や月経中には使用しない

特に、妊婦の方は刺激性の便秘薬は使ってはいけません。お腹の中の赤ちゃんにまで影響を与えてしまいます。

また、全てのタイプの薬に言えることなのですが、他のお薬との重複すると普段発生しないような副作用が発生する可能性があります。

現在、病院などで他の病気を治療中でお薬を服薬されている方は勿論、風邪薬でも油断は出来ませんので、病院の先生や薬局の方に一度相談してから、お薬を選んで下さい。

 

便秘薬の副作用のまとめ

いかがでしたか?便秘と便秘薬のことを少し知ることは出来ましたでしょうか?

便秘は本当に不快だし、気分まで落ち込んでくる嫌な症状ですが、自分の便秘のタイプと、お薬を正しく選べば、そんなに恐れる事はありません。

出来ましたら初めは弱いタイプの便秘薬で、様子をみるのも一つの方法だと私は思います。

Sponsored Links

 - 健康 ,

  関連記事

ダイエットでストレス
痩せにくいと思っている人必見、ストレスとダイエットの意外な関係

  体重が増えてきた、余分な脂肪が気になるようになってきた、好きな人が …

冷え性
冷えが治らない!意外に見落としがちな冷え性の元となる原因6つはこれ!

  完全に病気ではないけれど何となく体調が優れない、そんなことあります …

冷え性の症状
こんな症状も!?結構知られていない冷え性の症状

  冷え性というと手足などの末端が冷えるというイメージがありませんか? …

便秘の原因
便秘を解決するには、まずは敵を知ろう。便秘の原因って何?

  「便秘」この言葉を聞くだけで、憂鬱になる人も多いと思います。 便秘 …

便秘解消でダイエット
超ビックリ、超簡単、便秘もダイエットも秘密は腸にあった!

  「同じように外食中心、同じように不規則な生活、同じように運度嫌いな …

冷え性を改善する対策を練る女性
私にぴったりの方法はどれ?簡単に出来る冷え性の改善方法

  自分が冷え性かもしれない!そう思った時に何からしたら良いのかわから …

便秘茶
お薬だけじゃない、超簡単、便秘解消にはこのお茶!

  便秘って本当に辛いですよね。なった人なら判ると思いますが、便が出な …

冷え性に効く食べ物
今年こそは何とかしたい!冷え性の人は食べ物の選び方に注意!

体が冷え性になると色々な症状が出てきてつらいんですよね。 もし自分が冷え性だとわ …

ストレスで病気に
原因はこれだった!?ストレスのせいで病気になることも

  現代社会はストレスが多いです。 特に生活基盤に関係してくる家庭内、 …

冷え性と漢方
私に合った薬はどれ?冷え性に効果のある漢方のベストな入手法

普段から冷え性を実感されているという方はどのような対策をしていますか? 靴下を履 …